医療・健康・介護のコラム
がんのサポーティブケア

 がんやがん治療に伴う副作用が及ぼす痛みやつらさを和らげ、がんと闘う患者を支えるのが「がんのサポーティブケア(支持医療)」です。手術や放射線、薬物療法をはじめとする、がんを治すための医療と車の両輪の関係にあります。この連載では、がんに伴う痩せの悩みや、治療に伴う副作用、痛みや心のケアなど、がんのサポーティブケアが関わるテーマについて月替わりで専門家にインタビューし、研究の最前線や患者・家族らへのアドバイスについて伺います。

  • 標準
  • 拡大

がん治療に伴う悪心・嘔吐、痛み、しびれ、外見の悩み…患者の闘病を支えるサポーティブケア

「科学する支持医療をめざして~病気を診ずして病人を診よ~」

がん治療に伴う悪心・嘔吐、痛み、しびれ、外見の悩み…患者の闘病を支えるサポーティブケア

6月18、19日、山口県下関市で開かれた第7回日本がんサポーティブケア学会学術集会

 日本で1年間に約100万人ががんになる時代。治療の進歩には目覚ましいものがありますが、抗がん剤の副作用をはじめ患者の心身や生活に及ぼす影響は小さくありません。そこで、がんや治療に伴う症状や悩みをできるだけ軽減し、患者の闘病を支えようというのがサポーティブケア(支持医療)です。

 日本がんサポーティブケア学会の第7回学術集会が6月18、19日、海峡メッセ下関(山口県下関市)とオンライン併用で開かれました。慈恵医大病院腫瘍センター長の宇和川匡さんが会長を務める今大会のテーマは、「科学する支持医療をめざして~病気を診ずして病人を診よ~」です。

 がんのサポーティブケアは、がんを告げられた時から治療中、終末期に至るまでを含むとされます。

 がんに伴う栄養不良(悪液質)、悪心・嘔吐(おうと)、痛み、リハビリテーション、骨転移、サイコオンコロジー(精神腫瘍学)、サバイバーシップ、しびれ、妊娠・出産に関わる問題、口のトラブル、皮膚障害、リンパ浮腫、見た目のケア、心臓や腎臓の障害など、関連する症状なども多岐にわたります。

 がんを専門とする医師だけでなく、がん以外の病気に携わる様々な診療科の医師のほか、看護師、薬剤師、歯科医師、栄養士、リハビリや心理の専門家など、たくさんの職種が関わるのも特徴です。

supportive-care_120-120 がんのサポーティブケア

がんのサポーティブケア一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

(必須) 20字以内

(必須) 20字以内

(必須) 800字以内

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

きょうの健康レシピ

レシピのバックナンバーを見る