文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

給食の「おからの炒り煮」に「かなたわし」破片…長さ2センチ、教諭が見つける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 佐賀県白石町教育委員会は20日、同町立福富小(227人)の給食に、「かなたわし」の破片(長さ2センチ、太さ1ミリ)が混入していたと発表した。児童や教職員の健康被害は報告されていないという。

給食の「おからの炒り煮」に「かなたわし」破片…長さ2センチ、教諭が見つける

 町教委によると、同日午後0時50分頃、教諭が副菜「おからの り煮」に入っているのを見つけた。同校の給食調理場では「かなたわし」を使っておらず、同日朝に納入された食材に混入していたとみられる。

 町教委は納入業者に対し再発防止の指導を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事