文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

「サル痘」感染が拡大…症状や感染経路は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

男性同士の性的接触で感染拡大か?

――現在の感染状況について、教えてください。

 今年5月上旬に、英国でウイルスが持ち込まれたことが確認され、WHOによると6月15日時点で、42か国から、2000人超の感染者が報告されています。感染拡大のスピードとしてはかなり速いと思います。

――今、欧米でサル痘ウイルスの感染が拡大しているのはなぜですか。

欧米で患者が増え続けている「サル痘」…感染が拡大している要因とは

 サル痘は、もともとアフリカでは流行していて、時々、先進国にも持ち込まれていました。ただ、今回のように欧米で感染が拡大することはありませんでした。感染拡大が起こった明確な理由は分かっていません。

 今回の流行では、感染者は男性が多く、発疹が出ているところは生殖器や肛門周辺が目立つと言われています。感染した男性と性的接触をもつことで広がっているのではないかという見方も出ています。

――新型コロナウイルスの水際対策が緩和されました。国内でサル痘の感染拡大が起こる懸念はありますか。

 何例か出るかもしれませんが、現時点では感染が広がる可能性は高くないと考えています。

 万一、体に発疹が出て、広がってくるようであれば医療機関に相談してください。また、そうした症状が出ているときは、性的接触なども避けてほしいと思います。

 かかっていない人は、感染した人の病変部との接触を避けるなどの注意を払えば、感染する可能性は低いと思います。

はまだ・あつお  1981年、東京慈恵会医科大卒。同大講師などを経て、2010年7月、東京医科大教授。21年4月から現職。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事