文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

「将来、がん専門医になりたい」。中学生のうちからできることはありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「将来、がん専門医になりたい」。中学生のうちからできることはありますか?

イラスト:さかいゆは

 千葉県の中学3年生のさくらさん(仮名)から質問をもらいました。

 「5年前に祖父をがんで亡くしました。祖母もがんを患っていて、同じがん専門病院で治療を受けています。がんを抱える祖父母と親身に向き合う医師の姿を見てきて、私もあのような医師になりたいと思いました。将来がん専門医になるために、中学生の私が、身に付けておいた方がよいことがあれば教えてください」

経験することに無駄は一つもない

 さくらさん、ご質問ありがとうございます。

 大切なご家族が、がんと向き合っておられるのですね。つらいこともあったと思いますが、亡くなられたおじいさまにとって、さくらさんの存在は、きっと支えになっていたはずです。治療中のおばあさまにも、しんどいことがあるかもしれませんが、これからも、そばにいて、話し相手になってあげてくださいね。

 また、さくらさんが、ご家族の病気をきっかけに、がん医療に触れ、いろいろと感じてくれたこと、そして、自らがん医療を専門とする医師になろうと思ってくれたことは、がん専門医である私としても、とてもうれしく思います。将来、がん専門医として活躍してくれることを期待しています。

 でも、さくらさんのこれからの人生には無限の可能性があります。がん専門医になることが唯一のゴールだと決めてしまうのではなく、様々な可能性を想像しながら、いろいろなことに興味を持って、幅広く考え、たくさんの経験をして、学んでいくのがよいと思います。一見遠回りに見えることであっても、これから経験することに無駄なことは一つもありません。

1 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 院長補佐・乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大附属病院や国立がんセンター中央病院などで経験を積んだ。2005年、東京共済病院に腫瘍内科を開設。08年、帝京大学医学部附属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に部長として赴任し、3つ目の「腫瘍内科」を立ち上げた。この間、様々ながんの診療や臨床研究に取り組むとともに、多くの腫瘍内科医を育成した。20年、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、21年には院長補佐となり、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事