文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.三島の「眠ってトクする最新科学」

医療・健康・介護のコラム

特殊災害に分類される新型コロナ 後遺症として睡眠障害が1年以上続くことも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。精神科医で睡眠専門医の三島和夫です。睡眠と健康に関する皆さんからのご質問に科学的見地からビシバシお答えします。さて、年初から始まった新型コロナウイルス感染症の第6波がようやく収束しそうですね。行動制限も徐々に緩和され、生活が正常化してきたのを実感します。ただ、感染を乗り越えて回復する方がいる一方、長引く後遺症で苦しむ方も少なからずいることが明らかになっています。重度の睡眠障害も後遺症の一つです。

医療従事者も襲った強度のストレス

第45回 特殊災害に分類される新型コロナ。後遺症として睡眠障害が1年以上続くケースもあります

 2020年1月に国内初の感染例が報告されて以降、2年以上にわたり私たちは新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)に振り回されてきました。感染拡大に伴い、強い恐怖とともに、世界各国ではこれまで経験のないロックダウンが行われ、国内でも長期間にわたり社会的距離(ソーシャルディスタンス)を保つ生活を強いられたのは記憶に新しいところです。

 COVID-19が始まった当初は、未知の感染症であることや、その高い致死率への恐怖感のために、患者さんだけではなく医療者にも強度のストレスがかかりました。感染が最初に報告された中国国内の34病院に勤務する1257人の医療従事者を対象にした調査では、多数のスタッフがうつ状態、不安、不眠症に陥ったと報告されました(うつ状態50.4%、不安44.6%、不眠症34%)。これらは主にストレス性の症状と考えられています。ところが実際の感染者では更に複雑な問題が生じることが明らかになりました。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

photo_mishima-prof

三島和夫(みしま・かずお)

秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座 教授

 1987年、秋田大学医学部卒業。同大助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター研究員、スタンフォード大学睡眠研究センター客員准教授、国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部部長を経て、2018年より現職。日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事。著書に『不眠症治療のパラダイムシフト』(編著、医薬ジャーナル社)、『やってはいけない眠り方』(青春新書プレイブックス)、『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識』(共著、日経BP社)などがある。

Dr.三島の「眠ってトクする最新科学」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事