文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

脚本家 三谷幸喜さん

 メディアなどでお馴染みの芸能人、有名人だって、一人の人間として病気や心身の不調と向き合っています。苦しかった経験や、病によって気付かされたことなど、率直な思いをお聞きします。

一病息災

[脚本家 三谷幸喜さん]前立腺がん(2)「真田丸」降板は「絶対に嫌」…正月休みに腹腔鏡手術 退院してすぐ、執筆再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[脚本家 三谷幸喜さん]前立腺がん(2)「真田丸」降板は「絶対に嫌」…正月休みに腹腔鏡手術 退院してすぐ、執筆再開

 2015年、前立腺がんと診断された。早期で、再発や転移のリスクが低いタイプ。治療法は、手術か放射線治療のいずれかだという。

 どちらを選ぶか。最も気になったのは、「締め切り」との兼ね合いだ。当時は16年1月から放送されるNHK大河ドラマ「真田丸」の脚本の執筆中で、長期間の休みは、周囲に迷惑がかかる。降板するのも「絶対に嫌」と思った。

 考えた結果、信頼する主治医の 頴川晋えがわしん さんが執刀する手術を受けた。1週間ほどの正月休みに入院し、前立腺を摘出した。

 告知を受けた時はショックだったし、がんがどんなものか分からないという漠然とした不安はあった。でも、「僕って死んじゃうのか」という恐怖は一度も感じず、手術の当日を迎えた。

 「じゃあ行ってくるねー」

 ストレッチャーの上から、妻と1歳の息子にかけた言葉はさらりとしていた。

 「絶対帰ってくるぞ、と深刻になるのは違うという気持ちでした」

 腹部に開けた小さな穴に器具を入れて行う 腹腔ふくくう 鏡手術は、数時間で終わった。術後の痛みもなく、傷痕も目立たない。術前に受けたかん腸の方がつらかった。

 「もしやドッキリだったんじゃ……」と疑うほどだったが、尿を出すための管が入っているのを見て「本当に手術したんだ」と実感がわいてきた。

 経過は順調で、退院してすぐ、執筆を再開した。

脚本家  ()(たに)(こう)() さん(60)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

脚本家 三谷幸喜さん

最新記事