文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

 読売新聞の人気連載「医療ルネサンス」の記事を読むことができます。

医療ルネサンス

原発不明がん<3>病変一つなら切除手術も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 原発不明の転移がんでも手術を試みる場合がある。

原発不明がん<3>病変一つなら切除手術も

トレーナーの指導を受けながら、体幹トレーニングを続ける女性

 大阪府内のアルバイト女性(56)は昨年初め、おなかがしくしくと痛み、微熱が出た。2日ほどで治まったが、念のため近くのクリニックに行くと、「おなかにしこりのようなものがある」と言われた。CT(コンピューター断層撮影法)検査を受けると、内臓の背中側の後腹膜という場所に8センチ程度の腫瘍が見つかった。

 胃や食道などに異常はみられず、血液がんの一種「悪性リンパ腫」が後腹膜に発生した可能性があると考えられ、地元の総合病院で、腫瘍を切除する手術を受けた。

 だが、手術後、主治医に意外な言葉を告げられた。「腫瘍の組織を調べた結果、悪性リンパ腫とは別のタイプのがんでした。ただ、元のがんがどこにあるのかはわかりません」

 子宮がん、咽頭がんなどの可能性も考えられたが、がん専門病院に行って調べても、元のがんは特定できず、「原発不明がん」と言われた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事