文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

誤嚥性肺炎を防ぐには

 突然せき込むことが毎日のようにあります。耳鼻咽喉科と内科を受診しましたが、特に治療法は示されませんでした。 誤嚥ごえん 性肺炎が心配です。予防法を教えてください。(81歳男性)

嚥下機能維持の取り組みを

宮下 修行 関西医科大呼吸器感染症・アレルギー内科教授(大阪府枚方市)

 高齢になると、脳 梗塞こうそく やパーキンソン病、認知症などの病気のほか、寝たきり、睡眠薬や鎮静薬の影響などで 嚥下えんげ 機能が低下します。

 せき込むことを「 せき 反射」といいます。質問者の場合、咳反射があるので安心ですが、これがなくなると、たんや異物が肺に入り、肺炎を発症しやすくなります。

 また、加齢によって胃や食道の機能も落ち、胃の内容物が逆流して少しずつ肺の中に入ります。ここで咳反射が起きないと、肺内に分泌物が貯留し、誤嚥性肺炎になります。

 いまから肺炎の予防に取り組みましょう。具体的には、〈1〉歯磨きをきちんとするなどの 口腔こうくう ケアをする〈2〉食事前に首回しや肩の上げ下げで首回りの筋肉の緊張をほぐす「嚥下体操」を行う〈3〉頭や胸を高くして寝る――などです。

 また、睡眠薬など、嚥下機能低下の原因となる薬の減量・中止を医師に相談したり、肺炎球菌ワクチンを接種したりするのも重要です。1項目だけでなく、複数取り組んでください。

 自分の嚥下機能を確かめるには、エックス線で食べ物をのみ込む様子を調べる「嚥下造影検査」などがあります。まずはかかりつけ医か、呼吸器内科医に相談し、検査が受けられる施設を紹介してもらうことを勧めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。