文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

 読売新聞の人気連載「医療ルネサンス」の記事を読むことができます。

医療ルネサンス

原発不明がん<1>どこから転移? わからない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 静岡県内に住むパート女性(43)は2020年秋、洗面所で鏡を見た時、首の左側と鎖骨付近に二つのしこりが出来ていることに気付いた。一つは直径5センチぐらいと大きく、触ると少し硬い。「首」「しこり」というキーワードでネット検索すると、「リンパ腫」という言葉がヒットした。

原発不明がん<1>どこから転移? わからない

治療記録を見ながら、経過を振り返る女性。「原発不明がんと聞いたときは、モヤモヤした思いでした」

 少し前から左肩が痛んで上がりにくいと感じていた。「ひょっとすると、がんかも……」。不安を抱き、近くの病院に行くと、「血液がんの一種『悪性リンパ腫』の疑いがある」と言われ、大学病院を紹介された。

 だが、大学病院で血液検査を受けても、悪性リンパ腫の異常を示す結果は出なかった。では、このしこりは何なのか――。

 PET(陽電子放射断層撮影)検査で全身を調べると、首付近だけでなく、おなかの大きな動脈を取り巻くリンパ節にも、がん細胞の存在が疑われる部位が幾つも見つかった。一方で胃や大腸の内視鏡検査では、がんが見つからなかった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事