文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

ずんだ白玉…手作りできるのは魅力的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、ぜひ手作りしてほしいレシピ「ずんだ白玉」のご紹介です。

 ずんだのやさしい味わいに、そして、黄緑色の見た目もかわいいレシピです。生のエダマメで作るのが本場だと思いますが、皮から実を取り出すのに苦労します。そこで便利なのが、冷凍のむきエダマメです。スーパーの冷凍コーナーに置いてあるのを見過ごしてしまう人も多いのが、この食材。下ゆでしてから実を取り出してあるので、とても便利なのです。サラダに入れたりスープに入れたりできるので重宝します。

 ずんだあんは、手作りをすると、甘さや塩分の調整ができるのがうれしいところです。甘さ控えめなど、自分好みの味に仕上げたり、バターなども使わずに、さっぱりとした味にしたり、柔軟に調整ができます。給食では、カロリー上限や砂糖の使用量が厳密に決められているので、手作りできるのは非常に魅力的なのです。

 さて、そんなエダマメには、体の筋肉などの組織の材料となるたんぱく質や、エネルギー源となる糖質が豊富です。ビタミンやミネラルも含まれており、栄養価の高い野菜です。他にも大豆サポニンが含まれています。大豆サポニンは、強い抗酸化作用があり、体をさびつかせない力になります。

 白玉にも特徴があります。水の代わりに絹ごし豆腐を使ってこねています。生地が硬くなるのを防いでくれますし、豆腐の栄養も取れて一石二鳥なのです。おいしいずんだ白玉を手作りしてみましょう。

[作り方]

(1) 冷凍むきエダマメを流水解凍し、水気を切ったらミキサーに入れる。砂糖と食塩も入れて、ペースト状になるまでかき混ぜる。

(2) 白玉粉をボウルに入れ、絹ごし豆腐を混ぜていく。豆腐は水切りの必要なし。豆腐のもつ水分で混ぜていく。生地が硬い場合は豆腐を少しずつ足し、軟らかい場合は白玉粉を少しずつ足す。耳たぶの硬さくらいにし、べたべたせず、手にくっつくことなく丸められる状態になったら、丸く、平たく成形する。

(3) 鍋にお湯を沸かし、(2)を入れていく。5~10分で浮いてきたらザルにあけ、水をさっとかけて粗熱をとる。水気を切ってからお皿に盛り付け、(1)のずんだあんを塗れば完成。

写真でも

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsumaru-susumu_prof

松丸奨(まつまる すすむ)

 管理栄養士 栄養教諭 フードコーディネーター

 1983年千葉県生まれ。専門学校卒業後、栄養士として千葉県内の市立病院に勤務。2009年より小学校で勤務。給食の献立作成や調理指導、食育の授業などを行っている。2013年には、実際に提供されている給食のおいしさなどを競う「全国学校給食甲子園」(第8回・応募総数2266校)で優勝。ドラマでの給食の監修・調理指導など担当。テレビなどのメディア出演も多数。塩分が控えめで、だしや味付け、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、「日本一の給食メシ 栄養満点3ステップ簡単レシピ100」(光文社)「ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本」(サンマーク出版)「日本一の給食レシピ 子どもがすくすく育つ」(講談社)

Instagram:https://www.instagram.com/matsumaru.susumu/
ブログ:小学校栄養士 松丸 奨のブログ

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事