文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

銀歯を白くしたい 保険診療で可能になった白色のかぶせものとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
銀歯を白くしたい 保険診療で可能になった白色のかぶせものとは

 虫歯になってしまい久しぶりに歯医者に行ったら、銀歯ではなく白色のかぶせもので治療をしてもらいました。白色のかぶせものは「 CAD/CAM(キャドキャム) 冠」と呼ばれるプラスチックだそうです。どんなものなのか、日本歯科医師会常務理事で、林歯科医院(大阪市)院長の林正純さんに話を聞きました。(聞き手 山口千尋)

強化プラスチックで自然な白色で審美性も◎ ほとんどの歯で公的医療保険の対象に

――CAD/CAM冠とは、どのようなものでしょうか。

 CADとは、「Computer Aided Design」、つまりコンピューター支援による設計のことです。CAMは「Computer Aided Manufacturing」の略で、コンピューターによる製造という意味になります。歯の形のデータを基に、コンピューターで素材を削り、かぶせものを作ります。

 使っているのは、「ハイブリッドレジン」というプラスチックを強化した素材です。自然な白色で、審美性にも優れています。

 これまで、虫歯を公的医療保険の範囲で治療する際、ほとんどが銀歯での治療でした。2014年度から4、5番の歯の治療にCAD/CAM冠が保険で実施できるようになりました。17年度の途中から、7番の歯が上下左右残っている場合に限って下の6番の歯が認められ、20年度には上の6番も対象になりました。

 また、20年度の途中からは、左の3番から右の3番までの上下の歯で保険診療が認められ、22年度からは、前歯以外の詰め物にも使えるようになり、現在ではほとんどの歯でCAD/CAM冠、つまり白色のかぶせものや詰め物での治療が可能になりました。

 ただし、7番の歯については現時点では認められていないため、治療した場合は銀歯になります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事