文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」

医療・健康・介護のコラム

卵子提供による出産と遺伝子へのこだわりについて考えた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

誰でも自分に似た子どもが欲しい

 元々のところでは、当事者も非当事者も同じように自分に似た子どもが欲しいと思っています。でもそれが叶わなかった時、私たち当事者は「自分の遺伝子が無理なら、せめて夫の遺伝子だけでも……」と思ったのです。なので、私は子どもたちが大きくなったら「人間は基本的にはみんな同じなんだけど、そのなかで個々に考え方が違うところもあるんだよ」と伝えたいなと思っています。

 セミナーなどでみなさんにお話しする時は必ず、「当事者と非当事者は違う」と捉えないようにお伝えしています。そのような分断を生む考え方は、百害あって一利なしだと思っています。分断ではなく、お互いの理解を促すような方向でお話をさせていただいています。

親の価値観を子どもに押し付けない

 卵子提供で生まれたとしても、小さい頃から告知を受けていれば、子どもはそのまま受け入れます。私の生まれた家は経済的に裕福な家庭ではなかったので、親はいつも「うちはお金がないから」が口癖でした。しかし、私はお金がないことよりも「お金がないからああしなさい、こうしなさい」と親の価値観を押し付けられることのほうがとても嫌でした。

 自分が卵子提供で生まれたことを事実として伝えられることよりも、「あなたは卵子提供で生まれたのだから、こうしなさい、ああしなさい」と親から言われることのほうが、よっぽど子どもの心の負担になるのではないかと私は思います。

 また「卵子提供で産んだことを、わざわざ世間に向けて公表しなくてもいい」というご意見も多くいただくのですが、こちらについては少々暴論ではないかな? と感じています。日本はまだまだ保守的な教育や文化の根強い国だと思いますが、理想を言えば、卵子提供で産んだことを堂々と言える社会こそが健全な社会ではないかと思います。

 そのような社会にするには、インクルーシブ(包括的)でダイバーシティー(多様性)を尊重した教育や文化がもっともっと浸透していくことが望ましいと思います。多様な家族や様々な出自を持った子どもたちが暮らしやすい日本になっていくことを願っています。(なかさとみ)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nakasatomi_prof_ver2

なか さとみ

 1971年生まれ。吉本興業所属芸人。2015年より不妊治療をしたが妊娠に至らず。卵子提供で2人の子どもを出産。19年1月10日、日本で初となる当事者による卵子提供自助グループ「アン・ネフェ」を発足。自身の経験をもとに発足以来、延べ200人以上の相談を受けている。

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事