文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」

 「する」「みる」「支える」のどの立場にあっても、スポーツは生活を彩り豊かにしてくれます。しかし、スポーツにけがはつきもの。けがを予防し、笑顔で楽しむために必要なスポーツ医学の知識を、整形外科医の大関信武さんが伝えます。

医療・健康・介護のコラム

ヘッドスライディングで鈴木誠也選手が指を傷め、坂本選手は戦線離脱も……スリリングなプレーには危険も、しかし普及しない走者用手袋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ヘッドスライディングで鈴木誠也選手が指を傷め、 坂本選手は戦線離脱も……スリリングなプレーには危険も、しかし普及しない走者用手袋

ヘッドスライディングは野球の醍醐味のひとつだが危険もある

 3月に広島からシカゴ・カブスに日本人野手として史上最高額の契約で移籍した鈴木誠也選手。ポテンシャルからするとまだ爆発的な活躍をしているとは言えませんが、メジャーリーグでも勝負強いバッティングを見せています。その鈴木選手が、敵地のレッズ戦で出塁後、盗塁してヘッドスライディングで左手をベースについた際に指を痛めて、次の回の守備で途中交代しました。野球ではスライディングにおける指のけがは非常に多く発生します。しかし、タッチをかわしてベースを取りに行くシーンはスリリングで、野球の魅力のひとつです。ヘッドスライディングについて考えてみます。

手の指の負傷が多いが、走者用の鍋つかみ風の手袋は普及しない

ヘッドスライディングで鈴木誠也選手が指を傷め、 坂本選手は戦線離脱も……スリリングなプレーには危険も、しかし普及しない走者用手袋

昨年5月、一塁帰塁後にうずくまる坂本勇人選手。右手母指を骨折していた

 鈴木選手のプレーは、捕手の送球がそれたせいで、野手と交錯しそうになり、スライディングのタイミングがうまく合わず、ベースに不自然な形で左手をついてしまったものでした。特にヘッドスライディングは、手指をけがしやすいプレーです。

 昨年もジャイアンツの坂本勇人選手が出塁してけん制球で一塁に帰塁した際、母指を骨折して戦列を離れました。また、他の球団でもヘッドスライディングでの負傷が頻発しました。

 このため、ランナーに出た際、けが予防のために走塁用のグローブをつける選手もいます。以前、大谷翔平選手がつけたことで注目されました。比較的分厚く、鍋つかみのような形をしています。「走る感覚が今ひとつ」という声もあって、普及しているとは言えません。チームドクターとしてチーム全体に推奨はしていませんが、選手個人には「つけたらどう?」と話すこともあります。ボールを投げる、バットを握って打つという動作がある野球では、手指のけがは命取りになるため、私としては「できればつけてもらってけがを防ぎたい」という気持ちです。

イチローのスライディングの魅力

 ヘッドスライディングをしなければそのようなけがは減ります。打者が一塁にヘッドスライディングするシーンでは、駆け抜けた方が速いのでヘッドスライディングはしない方がよいという意見もあります。一方、野手のタッチをかわすために手でベースを取りにいくシーンもあります。イチロー選手が忍者のようにタッチをかわしてベースを陥れるシーンは、日本人だけでなく、世界の人々が感嘆し、賞賛しました。野球における何ともスリリングなシーンだと言えるでしょう。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki-nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
 一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事、読売巨人軍チームドクター

 1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。2002年滋賀医科大学卒業、14年横浜市立大学大学院修了。15年より東京医科歯科大学に勤務。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、アキレス (けん) 断裂、骨折多数など自身が多くのケガを経験。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「スポーツ医学検定」を開催している。クリタウォーターガッシュ昭島、文京ラグビースクールでメディカル担当。19年ラグビーワールドカップでは選手用医務室ドクター、東京2020オリンピック・パラリンピックでは選手村総合診療所整形外科ドクター。八王子スポーツ整形外科、蓮江病院でも診療。

過去コラムはこちら

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事