文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

熱中症予防に有効な「暑熱順化」って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 もうすぐ夏が来ます。気を付けたいのが熱中症です。命に関わることもありますが、予防法があります。暑さが本格化する前に、体を暑さに慣らす「暑熱順化」で、熱中症にかかりにくい体を作りましょう。(加納昭彦)

熱放散で体温調節

 人間の体は暑さを感じると、自律神経が働いて、 末梢まっしょう 血管を広げて皮膚に流れる血液を多くしたり、発汗させたりして、体内にこもった熱を放散させ、体温を下げます。脳や内臓は熱に弱いからです。

 しかし、高温の環境に長時間置かれると、脱水症状となって、皮膚に集まった血液の流れが滞り、熱放散による体温調節ができなくなります。こうした状態が続くと起こる熱けいれんや熱失神、熱射病などをまとめて「熱中症」と呼びます。

 体が暑さに慣れていない時期に気温が上がった日や、急激に暑くなる梅雨明けなどは、特に熱中症への注意が必要な時期になります。

 適度な運動で体温を上げ、体を暑さに慣らすことを「暑熱順化」といいます。

 暑熱順化を行うと、発汗量を増やすなどの効果があります。汗などによって体内の熱を逃しやすくなるため、熱中症に強い体を作れます。

 日本気象協会(東京)は2021年、「熱中症ゼロへ」プロジェクトの重点項目に暑熱順化を盛り込みました。この監修を行った帝京大教授の三宅康史さん(救急医学)は「健康な人なら、やや暑い環境で、ややきついと感じる運動を毎日30分ほど数日から2週間続けると、暑熱順化できます」と説明します。

 おすすめはウォーキングです。1回30分を目安に、週5回行いましょう。帰宅時に1駅分歩くなど日常生活に組み入れましょう。

 ジョギングやサイクリングのほか、ストレッチや筋トレなども効果的です。入浴時にしっかりと湯船につかったり、買い物や庭仕事をしたりするのでも構いません。

インターバル速歩

 信州大特任教授の能勢博さん(スポーツ医科学)は、速歩きとゆっくり歩きを3分ずつ交互に行う「インターバル速歩」を提唱しています。速歩きは、本人がややきついと感じるスピードが効果的。1日5セット(30分間)を、週4日程度行うのが目安です。

 ポイントは、終了後30分以内にコップ1杯(200cc)の牛乳もしくはヨーグルトをとること。能勢さんは「肝臓の働きが活発になり、2週間程度で汗のもととなる血液量が増えるなど、汗をかきやすくなります」と強調しています。

 長野県松本市の山田 徳彦のりひこ さん(74)は5年前から、インターバル速歩を続けています。山田さんは「汗をかきやすくなりました。夏場の畑仕事も短時間なら、苦になりません」と話します。

 厳しい暑さで知られる埼玉県熊谷市は、ラインアウトなどラグビーの動きを取り入れた運動「熊谷ラグササイズ」を作り、ユーチューブに運動の動画を投稿しています。

 同市は、ラグビー・リーグワンの埼玉パナソニックワイルドナイツの本拠地です。考案したラグビー元日本代表の三宅 たかし さんは「ラグビーの動きを楽しみながら、暑さに負けない体を作ってほしい」と呼びかけています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事