文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

 読売新聞の人気連載「医療ルネサンス」の記事を読むことができます。

医療ルネサンス

発達障害の人と暮らす<6>自助会で語り合い共感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 自閉スペクトラム症(ASD)など、発達障害の特性がある人と暮らすパートナーが集まり、語り合う場がある。横浜市を拠点にパートナーを支援する団体「フルリール」が、4月10日に開いた会合には、首都圏から男女24人が参加し、悩みや体験を打ち明けた。

 「産後うつでつらい時、夫に『育児向いてないんじゃない?』と言われた。戸惑っていると、そう思った理由を延々と説明された」「私の夫は、言動を反省し始めたが、それまでがひどくて許せない」――。一人一人の心からの叫びに、参加者は深くうなずいた。

 フルリールは2014年に、働く人のメンタルケアをする「シニア産業カウンセラー」の資格を持つ 真行しんぎょう 結子さん(58)が設立した。月4回程度のペースで、語り合う場を開いている。

 真行さん自身、夫は診断を受けていないもののASDの特性があり、約20年悩んだ。周囲に孤独感を理解されず、精神科で「うつ状態」と診断され、会社を3年間休職した。15年に離婚し、「今は2人の子どもの親として、いい関係を築いている」という。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事