文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

発達障害の人と暮らす<5>集団療法受け 話しやすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 東京都の50歳代の女性は、自閉スペクトラム症(ASD)の夫(50)の変化に驚いている。「夫が病院の集団療法を受けてから、会話がしやすくなった」  会社員の夫は、2020年夏に診断を受け、主治医で昭和大名誉教授の加藤 進昌(のぶまさ) さんから、集団療法を勧められた。  ASDの人たちが悩みや体験を語り合い、コミュニケーションの仕方を学ぶ。生活しやすくすることを目指すもので、ASDの人への支援法と…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事