文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

常喜眞理「女のココロとカラダ講座」

妊娠・育児・性の悩み

食後の血液が「背脂ラーメンの汁」状態に…余ったカロリーの分だけ増える中性脂肪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 30歳代後半のRさんは、健診結果で異常値があり相談したいと来院された。健診の結果を見せていただくと、脂質のうち中性脂肪値が224mg/dlと高値だった。

 約1年前は145mg/dlと正常の上限内に収まっていた。Rさんは体調の悪さを感じることはないが、コロナ禍で運動の機会もなく、在宅勤務が増えて家から一歩も出ないことも多く、体重が2年で4キロ増加していた。

問題はLDL値だけじゃない

 体重増加は血液中の中性脂肪増加や内臓脂肪増加、脂肪肝につながる。中性脂肪高値が続いている人は小型LDLコレステロールの割合が高いことがわかっている。小型LDLという言葉は耳慣れないと思うが、通常のいわゆるLDLコレステロールよりも小さいサイズの別のコレステロールだ。

 小型LDLコレステロール値は保険診療の範囲で測定することはできないが、「超悪玉」といわれ、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞といった動脈硬化疾患の危険が高まる。つまり、LDLコレステロール値だけに気をつければよいわけではなく、中性脂肪も血管をいためる大きな悪者として、注意が必要だ。

 中性脂肪の値は、LDLコレステロールと違い生活習慣により変動しやすい。余剰カロリー分が蓄えとして中性脂肪となる。脂肪を食べなければよいというものではなく、食事量が多く、消費カロリーオーバーとなれば中性脂肪値が上がり、脂肪組織に蓄えられる。

【あわせて読みたい】コレステロールの影響に男女差

運動だけではダメ!

 中性脂肪や体重増加の話を始めると、たいてい「最近、運動不足。運動を再開するつもりです」と答えが返ってくる。たしかに運動は筋肉を維持し、体の機能を保つために非常に大事だが、カロリー消費から考えると微々たることが多い。女性がウォーキングを1時間頑張っても、消費カロリーはショートケーキ半分強といったところだ。

 運動は体の機能維持にとても大事だが、中性脂肪を下げるには食事・おやつ・果物、お酒・ジュースを減らすしかない。果物は野菜として考える方も少なくないが、日本の果物はとてもおいしく、ついつい食べすぎて中性脂肪高値の原因となりやすいため、あくまでおやつの一部としてとらえてほしい。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

joki-mari

常喜 眞理(じょうき・まり)

 家庭医、医学博士
 1963年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医・指導医、内科学会認定医、日本医師会認定産業医。院長を務める常喜医院(内科、皮膚科)での診療のほか、慈恵医大新橋健診センターでは診療医長として健康診断(人間ドック)の内科診察を行い、婦人科や乳腺外科の診断を担当する。様々な大手企業の産業医でもあり、職場におけるメンタルヘルスのサポートを長年行っている。著書に「オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方」(すばる舎)。現在、BS-TBS「Together」に準レギュラー出演中。

常喜眞理「女のココロとカラダ講座」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事