文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

横田早紀江さんを抱きしめるバイデン氏、膝つき語りかけ「子どもいなくなった気持ちは本当にわかる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 北朝鮮による拉致被害者の家族らは23日、来日中のバイデン米大統領と東京・元赤坂の迎賓館で面会した。終了後に記者会見した家族らによると、バイデン大統領は「私たちはいつも(解決を)祈っている。協力します」と述べ、拉致問題への理解を示した。

 面会は約30分間、非公開で行われ、家族側からは横田めぐみさん(拉致当時13歳)の母・早紀江さん(86)ら8家族の計11人が出席した。岸田首相と、拉致問題相を兼務する松野官房長官が同席した。

 家族らによると、当初は家族会代表で、めぐみさんの弟・拓也さん(53)ら数人がバイデン大統領に訴える予定だったが、大統領は一人ひとりと握手を交わし、被害者の写真に目を留めながら、家族の話に耳を傾けたという。

横田早紀江さんを抱きしめるバイデン氏、膝つき語りかけ「子どもいなくなった気持ちは本当にわかる」

バイデン米大統領との面会後、記者会見する拉致被害者家族会の横田早紀江さん(左端)ら(23日午後、国会内で)=高橋美帆撮影

 高齢のため椅子に座っていた早紀江さんや有本恵子さん(同23歳)の父・明弘さん(93)にバイデン大統領が近づき、膝をついて語りかける場面も。自身が長男と長女を病気や事故で失っていることに触れ、早紀江さんを抱きしめながら「子どもがいなくなった親の気持ちは本当にわかる」などといたわった。

id=20220523-249-OYT1I50175,rev=10,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

着席した横田早紀江さんや有本明弘さんに語りかけるバイデン大統領(手前左)と岸田首相(左端)(内閣広報室撮影)(5月23日、東京都港区で)

 早紀江さんは「来年、私は夫(滋さん)が亡くなった年と同じ年齢になる。とにかく一目でもめぐみちゃんに会いたい。そして、すべての被害者の帰国を実現したい」と話し、バイデン大統領の協力に期待した。

 拉致被害者家族と米大統領の面会は、ブッシュ(子)、オバマ、トランプの3氏に次いで4人目。今回の面会について、拓也さんは会見で「北朝鮮への強力なメッセージにつながる。米国が拉致問題と真剣に向き合ってくれることを実感した」と語り、「責任を持って速やかに全被害者の即時一括帰国に向けて先頭に立ってほしい」と日本政府に要望した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事