文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

子宮頸がんとワクチン<6>接種と検診 両輪で患者減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

Q&A

 

日本産婦人科医会がん対策委員会 アドバイザー 岩成治さん

 

子宮頸がんとワクチン<6>接種と検診 両輪で患者減

1976年鳥取大卒。島根県立中央病院副院長などを歴任。島根県産婦人科医会会長。2020年から現職。

 子宮 けい がんを防ぐため、ワクチンと検診の役割はどう考えたらいいのか。島根県で検診の促進を主導してきた同県産婦人科医会会長の 岩成いわなり 治さんに聞いた。

 ――検診の現状は。

 「国の指針では、20歳以上の女性に、2年に1回の検診が推奨されています。ただ、受診率は2019年で43・7%と決して高くはありません」

 ――検診方法はどんなものですか。

 「子宮頸部の細胞を採取し、その形を見て異常がないかを病理医などが判断する『細胞診』と、採取した細胞から子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)のDNAを検出する『HPV検査』の2種類の方式があります」

 ――どう違うのですか。

 「細胞診はそもそも細胞採取に失敗すれば、異常を見落としてしまいます。また、HPV検査はウイルス感染の有無はわかりますが、その細胞ががんの手前の『前がん病変』なのかなどはわかりません」

 ――一長一短ですね。どう使い分けるのですか。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事