文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

医療・健康・介護のコラム

両脚を紫色にして運ばれてきた少女の記憶…続発するプールの死亡事故 排水口の吸引力は救出難しく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 水に溺れることを「 (でき)(すい) 」といいます。事故の中でも、溺水は大きな課題となっています。世界では少なくとも年間約23万6000人が死亡している溺水は 、Silent and Preventable Killer (静かに、そして予防可能なキラー)であるとされ、国際連合の第75回総会において、溺水予防に関する決議が採択されました。この決議によって、国連総会は加盟国に対し、溺水予防に向けて自発的に行動を起こし、国の窓口を設けるように奨励しています。そして、毎年7月25日を World Drowning Prevention Day(世界溺水防止デー)に制定しました。

両脚を紫色にして運ばれてきた少女の記憶…続発するプールの死亡事故 排水口の吸引力は救出難しく

イラスト:高橋まや

4月にも起きた痛ましい事故

 人口動態統計をみると、2020年の溺水による死亡は、0歳(6人)、1~4歳(8人)、5~9歳(11人)、10~14歳(24人)、15~19歳(44人)でした。同年の事故死447人のうち、溺死は93人で21%を占めていました。0歳と1歳の6~7割は浴槽で溺れており、年齢が長ずると、川や湖、海での溺死が多くなっていました。

 東京消防庁の救急搬送データを表に示しました。2020年度の0~4歳の救急搬送数をみると、転倒は2069人、転落は2067人ですので、それに比べると溺水の救急搬送は少ないのですが、溺水で搬送した例は重症度が高い例がほとんどです。ほぼ毎年、同じ搬送数であることがわかります。

溺水の救急搬送数(東京消防庁:人)
 0-4歳5-9歳10-14歳15-19歳
2015年32
2016年30
2017年25
2018年24
2019年28
2020年21

 暑い日が多くなり、プール活動が始まったところもあると思います。プールでの溺水では、施設の構造に問題があるケースがあります。今年の4月には、日本人の10歳男児がベトナム南東部のリゾートホテルの子ども用プールの排水口に吸い込まれて身動きがとれなくなり溺死する事故が起きました。映像では、子どもの背中に、排水口の網目模様に一致した青黒いあざがあるのが映し出されていました。背中が排水口に張りついてしまって溺れたようです。

両脚を吸い込まれた女児 運ばれてきたが…

 私は、1985年9月、学校のプールの排水口に吸い込まれた中学2年の女児の例を経験しました。水中から引き上げられるまでに30分を要し、私が勤務していた病院に搬送されましたが、5時間後に死亡しました。吸い込まれた両側の 大腿(だいたい) が紫色に腫れあがっていたことをよく覚えています。水を 濾過(ろか) して再使用するために排水口が設けられているプールが多く、わが国でも50年以上も前から、プールの排水口におなかやお尻、ひざなどが張りついて死亡する例が、数年に1例は発生していたのです。

 95年、プールの排水口に挟まれて死亡した小学6年の父親が文部省に陳情し、プールの排水口の調査が行われました。その結果、約3分の1のプールで排水口の防護蓋が固定されていませんでした。文部省から改善命令が出されましたが、その後も事故は起こり続けました。

事例1: 2004年7月29日、新潟県横越町の町民プールで、小学6年男児がプールの底の直径16センチの排水口に両足を吸い込まれ、2日後に死亡した。排水口を覆う鉄の蓋は固定されていなかった。

事例2: 2006年7月31日、埼玉県ふじみ野市の市営プールで小学2年生の女児が流水プールの排水口(直径約60センチ)に頭から吸い込まれて死亡した。

 ふじみ野市の事故では、発生の10分前に、プール側壁の排水口にボルトで固定されているはずのアルミ製の防護蓋(約60センチ四方)2枚のうち1枚がはずれているのが見つかり、監視員が利用客に注意を呼びかけながら営業していました。消防隊員らは、ポンプ車でプールの水を抜き、重機で外部から配管を破壊して、約6時間後、排水口から約12メートル先の配管内で女児を発見しました。本来固定されていなければならないプールの排水口の防護蓋がはずれていたこと、毎日点検する必要がある排水口を、営業開始以来、一度も点検していなかったことなどが明らかになりました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro_prof

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。産業技術総合研究所人工知能研究センター外来研究員、キッズデザイン賞副審査委員長、内閣府教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事