文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

狂犬病ワクチンの注射針、飼い主の女性に刺さる…抱えていた犬が暴れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 神奈川県小田原市は19日、同市中里の狂犬病予防ワクチンの集合接種会場で18日に、獣医師が誤って飼い主の女性に注射針を刺すミスがあったと発表した。

狂犬病ワクチンの注射針、飼い主の女性に刺さる…抱えていた犬が暴れる

狂犬病のワクチン

 市によると、予防接種の際は飼い主が犬を抱えて動かないようにするが、今回は直前に犬が暴れたため、獣医師が持っていた注射針が女性の左手の指に刺さったという。

 これまでのところ、女性の体調に異常はないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事