文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

楢戸ひかる「シニアライフの羅針盤」

 「人生100年時代」と言われるようになりました。この長い後半生、「今まで通り」のやり方では乗り切れないかもしれません。やがて来る「シニアライフ」を実りあるものにするためには、今、どんな備えをしておけばいいのか?  お金のこと、そしてお金以外のこと……マネーライターの楢戸ひかるさんと一緒に考えていきましょう。

医療・健康・介護のコラム

パート加入、繰り下げ受給…知らなきゃ損の年金改正「四つのポイント」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

年金改正 生活者目線でのポイントは?

在職中、繰り下げ受給…知らなきゃ損の年金改正「四つのポイント」とは

年金制度の改正には、生活者目線で知っておきたいことがたくさん

 さて、もう一つのトピックは、 2022年から年金制度の改正が順次施行されること です。

 今回の改正のキーワードは、「多様性」と「持続可能」です。「これからは、多くの人が、より長く、多様な形で働く社会へと変化していきます。その変化に対応し、持続可能な仕組みとして構築されているのが今の年金制度です」(三好課長)。つまり、いろいろな働き方をする人がいて、年金もいろいろなもらい方があるということですね。

 改正による四つの変更点を整理した上で、生活者目線でのポイントを挙げると表のようになります。

 

●2022年の年金制度改正「四つの変更点」

1 被用者保険の適用拡大

  • 「被用者保険」とは、お勤めをする人が入る厚生年金や健康保険のことです。改正後はパートやアルバイトで働く人が被用者保険に加入できる可能性が高まります。

2 在職中の「お給料+年金」の線引き額が47万円に引き上げられた

  • これまでは、60~64歳の人の「1か月のお給料+年金月額」が28万円を超えた時、超えた額に応じて年金の支給が停止されていました。改正後は、その線引きの額が47万円に引き上げられました。

3 年金の「繰り下げ」受給が75歳まで拡大した

  • 年金を65歳より遅く受け取ることを「繰り下げ」受給、早く受給することを「繰り上げ」受給と言います。これまで70歳だった繰り下げ受給の上限が、改正後は75歳になりました。

4 確定拠出年金(DC)の加入可能要件の見直し

  • DCとは、税制の優遇を受けながら、個人ごとに掛け金を積み立てて運用する自分だけの年金です。改正後は、年齢が高い人でも加入できるようになるなど、より柔軟で使い勝手のよい仕組みになります。

(厚生労働省HPより筆者作成)

  「被用者保険の適用拡大」 で意識したいのは、いわゆる「扶養の範囲」です。結論からお伝えすると、 被用者保険に入ると、将来の老齢年金が増えるだけでなく、「今のあなた」の保障や保険も手厚くなります。 下の図の通り、年金には老後にもらえる「老齢年金」だけではなく、障害と認定されたら受け取る「 障害年金 」、あなたが亡くなった場合に家族が受け取る「遺族年金」があります。また、公的医療保険にも、被用者保険である健康保険独自の制度として、休業補償である「傷病手当金」や「出産手当金」があります。

●被用者保険に入ると保障・保険は手厚くなる

在職中、繰り下げ受給…知らなきゃ損の年金改正「四つのポイント」とは

(厚生労働省HPより筆者作成)

  年金の繰り下げ受給 については、 このコラムでもとりあげました 。年金を自分に最適化して受給するためには、「繰り上げ・繰り下げにより受給額が違ってくる」という知識が必要です。これまでは、繰り下げは70歳までで、受給額は最大で42%増でした。今回の改正で75歳まで繰り下げができるようになり、受給額は最大84%増となりました。

 いかがでしたか? まずは、将来の年金受給見込み額を把握し、それをとっかかりにして、少しずつ公的年金制度への理解を深め、自分にとって最適な使い方ができるとよいですね。(楢戸ひかる マネーライター)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

narato-hikaru_prof

楢戸 ひかる(ならと・ひかる)

マネーライター
 1969年生まれ。大手商社に勤務後、90年代よりマネー記事を執筆。「誰もが安心してお金のことを学ぶ場」である「お金のリビング」を主宰。その入り口として、「ザックリ家計簿」ワークショップをオンラインにて開講中。詳しくはホームページ「主婦er」で。
 お金の記事だけでなく、「家族」や「暮らし」についてもコンテンツ更新中。

過去コラムはこちら

40代から備えよう「老後のお金」

楢戸ひかる「シニアライフの羅針盤」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事