文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

yomiDr.記事アーカイブ

yomiDr.記事アーカイブ

被告の38歳男が埼玉の病院から逃走…窃盗罪や覚醒剤取締法違反で起訴、勾留停止中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
被告の38歳男が埼玉の病院から逃走…窃盗罪や覚醒剤取締法違反で起訴、勾留停止中

東京地検

 東京地検は、窃盗罪や覚醒剤取締法違反で起訴され、勾留の執行が停止されていた被告の男(38)が17日、埼玉県川口市内の病院から逃走したと発表した。

 地検によると、男は身長1メートル53、体重58キロ。同病院を指定の所在場所とし、移動には弁護人が付き添うことなどを条件に、17日午前7時半から19日午後4時半まで勾留の執行が停止されていた。17日に弁護人から地検に、男が逃走したとの内容の連絡があったという。男は今年2~3月、窃盗罪などで起訴されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yomiDr.記事アーカイブの一覧を見る

最新記事