文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

0歳男児の死因は圧迫による肝破裂…双子で母親と3人暮らし、市「虐待の兆候なかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 14日午後4時頃、福岡県春日市の病院から県警に、搬送されてきた男児が亡くなったと通報があった。

0歳男児の死因は圧迫による肝破裂…双子で母親と3人暮らし、市「虐待の兆候なかった」

福岡県警察本部

 県警の発表によると、死亡したのは同県大野城市に住む生後7か月の男児。体には複数のあざがあった。司法解剖の結果、死因は胸腹部圧迫による肝破裂で、死亡推定時刻は14日午後1時頃だった。県警は母親から事情を聞いている。

 男児は双子で、母親と弟の3人暮らし。一家を支援対象とし、定期的に面談などを実施していた大野城市は「虐待の兆候は見られなかった」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事