文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健診で糖尿病疑い 遺伝心配

 健診の結果、ヘモグロビンA1c(HbA1c)が6・5%で、糖尿病の疑いと指摘されました。亡くなった父も2型糖尿病で、50歳代後半から人工透析をし、片方の足を切断しました。私は今後どんな検査や治療をすればいいですか。(44歳女性)

普段の食事、運動習慣も影響

鈴木 亮 東京医大病院糖尿病・代謝・内分泌内科教授 (東京都新宿区)

 HbA1cは、過去1~2か月の平均血糖値を反映するものです。6・5%以上だと糖尿病の疑いがあるため、医療機関で再検査が必要です。

 確定診断には、血糖値を確認します。ブドウ糖を服用して血糖値の変化を調べることもあります。

 2型糖尿病は、多くの場合無症状か症状が軽いので、診断時点で合併症を患っていることがあります。

 代表的な合併症は、腎症や網膜症です。腎機能の低下によって尿に漏れ出るたんぱく質「アルブミン」の量を確認する尿検査や、眼科で眼底検査などを行って確認します。

 親が2型糖尿病の場合、子の糖尿病リスクは約2倍といわれていますが、遺伝だけでなく、肥満や普段の食事内容、運動習慣が大きく影響します。

 治療は、まず食事の量や内容を見直し、運動を習慣化するのが基本です。薬で血糖をコントロールする場合もあります。症状が進み、人工透析や足の 壊疽えそ に至ることを防ぐためには、血圧や体の脂質を良好に保ち、適正な体重を維持することが重要です。禁煙もしてください。

 不安に思う気持ちはよくわかります。早くから治療に取り組むことで、健康を維持し、合併症を予防できます。お近くの内科で、定期的に血液検査をしてください。専門医は、日本糖尿病学会のホームページから検索できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。