文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

冷凍ギョーザのミートソース煮…作る人が楽しく、時間が充実していることが大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、冷凍ギョーザを洋風にアレンジしたレシピのご紹介です。ギョーザには、ニンニクなどの香味野菜が入っているので、意外にもトマト味と相性が良いのです。前回のレシピのように、ソースをかけるだけでもおいしいのですが、ミートソースと一緒に煮込むことで、ギョーザに味がしみこみ、ソースも絡むのでよりおいしくなります。

 ギョーザは小麦粉が原料の皮と、ひき肉で作ったあんでできているため、1品で炭水化物とたんぱく質がとれる万能食材です。さらに、焼くだけではなく、あんかけにしたり、ソースで煮込んだりとアレンジ方法も豊富にあるので、常備しておくと便利なのではないでしょうか。

 手作りの料理と冷凍食品を使用した料理、どちらも料理には変わりありません。料理は作る人が楽しくて、自分の時間が充実していることが大切なのだと思います。

[作り方]

(1) 小鍋の底から1cmくらいの高さまで水(分量外)を張り、沸騰させる。冷凍ギョーザを並べ入れ、ふたをして2分くらい中火で蒸し煮する。

(2) (1)の鍋にミートソースを加えて軽くかき混ぜて1分ほど煮る。

(3) 器に盛りつけて粉チーズと粉パセリをふって出来上がり。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事