文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ストレスとの付き合い方」

 仕事をしていれば、ストレスはつきもの。それに押しつぶされてしまうと、病気の原因にもなりますが、適度なストレスは人生のスパイス。気持ちに張りができて、仕事にもプラスに働きます。ところが、ストレスがたまっていても自分では気づきにくいこともあります。大切なのは、ストレスに気づいて、上手にコントロールすること。精神科産業医として45年以上のキャリアを持ち、現在もいくつもの企業を担当する夏目誠医師が、これまで経験してきたケースを基に、ストレスへの気づきとさまざまな対処法を紹介します。きっと参考になる事例と出会えるでしょう。

医療・健康・介護のコラム

新しい仕事についていけず「自分は駄目」と悩む49歳女性事務職……自己肯定感を高めることで仕事への意欲を回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ベテランゆえに新しいシステムの運用に苦労

 カウンセリングで彼らは、駄目な点や短所を繰り返し訴えることが多く、自分から長所を語ることはありません。そのためこちらから、話を聞きながら、一緒に見つけていきます。言動をさりげなく、かつ細やかに長期に観察すること。その過程で見つかります。

 ひとつの事例を紹介します。私が対応した数人をモデルに、共通するポイントを抽出して、やりとりを再現してみます。販売会社総務課に正社員として30年勤務する加藤和子さん(49歳、仮名)です。一般職で総務、経理、販売事務の3部門を異動しながら働いてきたベテランの主任さん。現在は、総務課で、事務のデジタル化の補助的な役割を担っています。新しい機器やシステムの運用を身につけるために努力していますが、専門用語も多く苦労しています。

ベテランのプライドで質問しづらい

 生え抜きのベテラン、主任というプライドが、若い人に質問することをためらわせます。業務のスピードが若手と比べて遅い感じがしています。「『さすがベテランは違う』と言われたこともあったのに、なんだか自分は業務についていけてない」と悩んでいました。意を決して「高ストレス者面談」を訪れました。加藤さんは悩みを一気に吐き出しました。自分が歯がゆいようで、落ちこんでいます。訴えを傾聴しました。

悩みは仕事がうまく回らないこと

 彼女は自信をなくし、自己を見失いつつある状態です。そこで自己肯定感を取り戻す働きかけが必要と判断しました。以下、3回行った面談のやり取りです。わかりやすくするために再構成しました。

産業医 : 自信をなくされていますね。加藤さんの良い点があると思いますが?

加藤さん: う~ん。良い点というか、私が悩んでいるのは、仕事がうまく回らないことなんです。仕事の進め方が変わってきていて、仕事をどうするかが問題です。

 加藤さんは仕事のことで悩んでいて、「良い点を見つける」という私の提案はピントがズレていると感じたようです。「仕事がうまくできない」という一点に気持ちが集中して、「自分は駄目」という感情を持ってしまっています。やはり加藤さんの自己肯定感を高める必要があります。やり取りの過程で、子どもがいることがわかりました。そこで子育てと両立しながら働いてきたことを話題にしてみました。

産業医 : 2人のお子さんは社会人として独立されていますね。働きながらですから、子育ては大変だったでしょう。

加藤さん: (意外そうな表情)大変でしたが、やらなければいけないことですし、母親ですから(そう言いながらも背筋がしだいに伸び、表情に笑みがさしてきました)。

産業医 : すごいことですよ。頑張ったんですね。子育てに正解はないし、仕事のように成果が評価されるわけではありません。その意味で、大変なばかりで手ごたえがない面もありますね。仕事との両立は大変だったでしょう。

加藤さん: (表情が生き生きとしてきました)大変でした。無事、2人とも成長して働いていて、ほっとしています。

2 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume02-prof

夏目誠(なつめ・まこと)

 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会元理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。新著は企業の人事や産業医向けの「職場不適応のサイン」ウェブ書籍「メンタル・キーワード療法~5分でできる簡易セラピー」。
夏目誠の公式ホームページ」「精神科医マコマコちゃんねる - YouTube

過去コラムはこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

産業医・夏目誠の「ストレスとの付き合い方」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事