文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

解剖学者 養老孟司さん

 メディアなどでお馴染みの芸能人、有名人だって、一人の人間として病気や心身の不調と向き合っています。苦しかった経験や、病によって気付かされたことなど、率直な思いをお聞きします。

一病息災

[解剖学者 養老孟司さん]心筋梗塞(5)飼い猫「まる」に学んだ生老病死

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[解剖学者 養老孟司さん]心筋梗塞(5)飼い猫「まる」に学んだ生老病死

 2020年7月、心筋 梗塞こうそく の治療を終えて、鎌倉の自宅に戻ると、飼い猫のまるの具合が悪くなった。折れ耳のスコティッシュフォールドの雄猫で、まるっこく貫禄のある様子は、テレビや新聞に繰り返し取材されて、有名になっていた。

 「まるは、したいことをして、いたい場所にいるだけ。身体の声に正直な生き方を教えてくれた」

 寝てばかりになったまるの姿が、11月のある日、見えなくなった。林の中でじっとしているのを見つけて連れて帰った。それから1日おきに動物病院で胸水と腹水を抜いたが、12月21日に息を引き取った。18歳、人間なら90歳に相当する。

 「私とまるとどちらが先かと言っていたんですけどね」。思い出と写真を集めた1冊「まる ありがとう」(西日本出版社)を、昨年末に刊行した。

 「生き物はいずれ100%死ぬ。ところが、現代の都市化した社会では、人間は自然から離れ、死を異常なものと見てしまう」

 人工物ばかりに囲まれて暮らしていると、今回のコロナ禍のように、生老病死という自然に向き合わざるを得ないとき、戸惑うのではないかと憂慮する。

 退院後、鎌倉の自然の中をよく散歩する。お供はスマホの植物識別アプリ。道端の草花を撮影すると、名前や解説が表示される。

 以前、いたずら心から、昼寝中のまるを写してみたことがある。「返事は『植物が見つかりません』でしたよ」(文・小屋敷晶子、写真・林陽一)

養老さんが飼っていた猫「まる」の写真はこちら

解剖学者  (よう)(ろう)(たけ)() さん(84)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

解剖学者 養老孟司さん

最新記事