文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

続・新型コロナ 検査の2年<6>抗原キット 4か月で承認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
続・新型コロナ 検査の2年<6>抗原キット 4か月で承認

抗原検査の開発に当たったメンバーと話す青柳さん(左から2人目)=H・U・グループホールディングス提供(東京都八王子市で)

 新型コロナウイルスの検査は当初、諸外国に比べて件数が少ないと批判を浴びたが、世界に先んじたこともあった。PCR検査より短時間で感染を調べられる「抗原検査」の開発だ。

 ウイルス特有のたんぱく質(抗原)があるかどうかで感染の有無を調べる。今では、抗原検査キットは医療機関だけでなく、学校や施設、個人向けの簡易検査として広く使われている。

 厚生労働省が「第1号」を承認したのは2020年5月13日。世界的にも実用化は2例目だった。通常は開発から承認まで約3年かかるところ、4か月足らずのスピード承認となった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事