文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がんのサポーティブケア

医療・健康・介護のコラム

全国のがんの拠点病院に「サバイバーシップセンター」を あらゆる病気に通じる支持医療の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

佐伯俊昭・埼玉医大国際医療センター病院長に聞く

全国のがんの拠点病院に「サバイバーシップセンター」を あらゆる病気に通じる支持医療の重要性

佐伯俊昭さん

 がん患者の闘病を支えるがんの支持医療を特集する「がんのサポーティブケア」。専門家へのインタビューシリーズの最後は、日本がんサポーティブケア学会理事長の佐伯俊昭・埼玉医大国際医療センター病院長に話を聞きました。全国のがんの拠点病院に「サバイバーシップセンター」を設けて患者を支援する体制づくりを目指し、そのための人材養成を進めたいと話します。(聞き手・田村良彦)

治療とともに車の両輪として

――改めまして、がん医療における支持医療の役割について考えをお聞かせください。

 医療というのは、病気の診断をして原因を取り除くことだと考えがちですけど、そんなに単純にはいきません。

 どんな治療でも、例えば手術のために後遺症が残ることもあれば、お薬で副作用が出ることもあるのは事実です。治療と同時に、治療を受ける患者さんに生じる様々なことをサポートしていかなければ、治療そのものが困難です。

 特にがん領域では支持医療が必要とされていますが、実は、支持医療が大切なのは脳卒中でも心臓病でもゲノム医療でも同じです。そういう視点から、今の日本の医療を見直す必要があるだろうと思います。

――支持医療もがん医療のひとつだということですね。

 田村(和夫)先生(前理事長・福岡大名誉教授)がよく、がんの治療と支持医療は「車の両輪」だと言われるように、がんを治すことだけを考えていたのでは、患者さんに副作用でつらい思いをさせかねませんし、例えばがんが進行して、治療法がないということになれば、そこで医療が終わってしまいます。

【あわせて読みたい】支持医療とは・・・栄養、痛み、副作用、心のケア

 たとえどういう形で終わろうが、患者さんや家族をサポートしながら前に進んでいかなければなりません。支持医療をしっかりやらなければ、本当の意味のがん医療ではないと思っています。

1 / 6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

supportive-care_120-120

がんのサポーティブケア

 がんやがん治療に伴う副作用が及ぼす痛みやつらさを和らげ、がんと闘う患者を支えるのが「がんのサポーティブケア(支持医療)」です。手術や放射線、薬物療法をはじめとする、がんを治すための医療と車の両輪の関係にあります。この連載では、がんに伴う痩せの悩みや、治療に伴う副作用、痛みや心のケアなど、がんのサポーティブケアが関わるテーマについて月替わりで専門家にインタビューし、研究の最前線や患者・家族らへのアドバイスについて伺います。

がんのサポーティブケアの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事