文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ココロブルーに効く話 小山文彦

医療・健康・介護のコラム

【Track24】――「化粧品かぶれ」から外出恐怖、抑うつ、不眠症へ――身体症状症の女性を回復させたものは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 長引くコロナ禍の影響で、マスクを着けない人のほうが珍しくなりました。先日、私は、頬にかすり傷ができたのですが、マスクで覆っていたため、気づいた人はほとんどいなかっただろうと思います。そもそも、容姿の小さな変化について、自身が気にするほど他人は気にしないものかもしれません。しかし、ある日突然、顔がかぶれて赤くなれば、本人は当然気になるでしょうし、人によっては、自分の姿へ向ける注意(「自己注目」という)が過剰に高まることもあるでしょう。今回は、まだコロナ前に起きた、ある女性のエピソードです。

突然、現れた「肌の赤み」と「ヒリヒリ感」から

【Track24】――「化粧品かぶれ」から外出恐怖、抑うつ、不眠症へ――身体症状症の女性を回復させたものは

 ある日の夕方、ユキエさん(37歳、会社員)は、普段より早く退社し、友人たちとの食事会へ向かいました。気のおけない顔ぶれでの会食は楽しいものです。この日は、ユキエさんを含めた女性3人の集まりで、さっそくワインの乾杯から始まりました。

 その時、友人のエリさんが、ユキエさんの顔を見ながら、異変を指摘しました。

 「ユキエ、もう酔ったみたいに、ほっぺが赤いよ」

 ユキエさんは、とっさに笑って否定しましたが、時間がたつにつれ、だんだん両頬がヒリヒリする違和感を覚え始めていました。とはいえ、それぞれの近況や愚痴などで盛り上がり、食事会は2時間ほどでお開きになりました。

 帰宅したユキエさんは、頬のヒリヒリ感、それに強い疲労を感じました。友人たちの仕事や人付き合いの充実ぶりは、当時のユキエさんの現状からすると、うらやましく、また、つらいものでした。遠方に赴任している恋人のタカシさんとは、数か月も会えておらず、最近は連絡も少なくなっていました。食事会でも話に上ったフレーズを思い出しながら、ユキエさんは、鏡に向かって独り言をつぶやきました。

 「女の『厄年』かあ……」

 その時、ユキエさんは、目の前に映った自分の頬の強い赤みに驚きました。

 「化粧品かぶれ……?」

 過去に化粧品で肌のトラブルになった経験はなく、思い当たるのは、前日に初めて使った洗顔料ぐらいでした。そうしている間にもヒリヒリ感は次第に強くなり、徐々に怖くなってきました。 

 深夜でしたが、先ほど別れたばかりのエリさん、それに恋人のタカシさんに、SNSのメッセージで状況を伝えました。なんとなく予想していたとおり、タカシさんではなく、エリさんから、すぐに返信があり、ある皮膚科クリニックへの受診を勧められました。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koyama-fumihiko_prof

小山 文彦(こやま・ふみひこ)

 東邦大学医療センター産業精神保健職場復帰支援センター長・教授。広島県出身。1991年、徳島大医学部卒。岡山大病院、独立行政法人労働者健康安全機構などを経て、2016年から現職。著書に「ココロブルーと脳ブルー 知っておきたい科学としてのメンタルヘルス」「精神科医の話の聴き方10のセオリー」などがある。19年にはシンガーソング・ライターとしてアルバム「Young At Heart!」を発表した。

 2021年5月には、新型コロナの時代に伝えたいメッセージを込めた 新曲「リンゴの赤」 をリリースした。

ココロブルーに効く話 小山文彦の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事