文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

大川智彦「先手を打って、病に克つ」

 「現代最高の医療」は「病気の早期発見・早期治療」です。最新の知識、そして高度な治療技術も、病気を早く見つけ、重篤化を防ぐ「予防医療」にはかないません。放射線の専門医、それに検診センターでの医師経験をもとに、「がん」や「生活習慣病」、「認知症」などについて、どうすれば「早期発見・早期治療」につながることができるのか、わかりやすくお伝えしていきます。

医療・健康・介護のコラム

食事制限、下剤の服用、恥ずかしさ…気が進まない大腸内視鏡検査ですが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 昔に比べると、ぐっと身近になってきた人間ドックやがん検診ですが、たくさんの検査項目の中で、多くの人が「もっとも受けたくない検査」は何でしょうか? ちゃんとした調査結果はありませんが、おそらく「大腸内視鏡」がトップ、もしくは上位に来ることは間違いなさそうです。

 前日から食事制限をし、朝から多量の腸管洗浄薬を服用しながらトイレと往復を続け、検査時には恥ずかしさも手伝って……。確かに「嫌われてしまう理由」はたくさんあります。これまでに大腸内視鏡を受けた方の多くが、「もっと、簡単にできる検査はないの?」と思われたことと思います。

 とはいえ、現時点でもっとも確実、かつ正確に腸内の様子を確かめることができるのは、やっぱり大腸内視鏡です。

 そして、日本国内でもっとも患者数が多いがんは、大腸がんなのです。

1・2センチ大のポリープで

食事制限、下剤の服用、恥ずかしさ…。気が進まない大腸内視鏡検査ですが

 地元の中堅企業で部長職を務めるT・Fさん(49)が、人間ドックを受診したのは2019年9月のこと。ご本人は、肥満気味と運動不足を自覚しており、毎年の検査では「高血圧」「脂質異常症」「糖尿病予備軍」を指摘されてきました。多忙な管理職の宿命か、飲食の付き合いも多く、なかなか数値の改善は進みません。

 そんなT・Fさんの勤務先には、全社員が受ける通常の健康診断に加え、40歳以上の社員には、人間ドック受診への補助金が出る制度があります。これまでも毎年、欠かさずに受診してきたT・Fさんでしたが、50歳が目前となったタイミングに合わせて、初めて3次元画像を利用した大腸検査「コロノグラフィー」(3DCT)をオプションとして付け加えました。

 それまでの健診や人間ドックで、「便に血液が混ざっていないか」を確かめる便潜血検査は受けてきましたが、年齢の節目による偶然とはいえ、このオプションを加えたことはなかなかのファインプレーになりました。

 3DCTについての詳しい説明は後に回して、T・Fさんの話を進めましょう。

 検査の結果、大腸の中に1・2センチ大に茎が伸びたキノコ状のポリープが見つかり、要精密検査となりました。

 大腸ポリープは、大きく腫瘍性、非腫瘍性に分けられます。さらに、腫瘍性は悪性の「がん」、良性の「腺腫」に分かれ、非腫瘍性も「炎症性」「過形成性」「過誤腫性」などに細分化されます。

大腸ポリープの種類
腫瘍性ポリープ
  • 悪性=がん(腺腫の状態を経ず一気にがんになる)
  • 良性=腺腫(増大してがんになる可能性あり)
非腫瘍性ポリープ
  • 炎症性ポリープ(潰瘍性大腸炎・クローン病などの長引く炎症が原因)
  • 過形成性ポリープ(老化現象が原因)
  • 過誤腫性ポリープ(若年性ポリープ)

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ookawa-tomohiko_prof

大川智彦(おおかわ・ともひこ)

 佐野メディカルセンター理事。1969年、名古屋市立大医学部卒。放射線腫瘍医として (がん) 研究会病院放射線科などで勤務し、英国留学後、94年、東京女子医大放射線科主任教授に就任。その後、徳洲会病院グループ放射線科部門長、東京西徳洲会病院副院長・検診センター長、佐野メディカルセンター予防医療センター長などを歴任し、2019年より現職。

大川智彦「先手を打って、病に克つ」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事