文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

妊娠・育児・性の悩み

1歳女児の足に凸凹模様が…暑い日の鉄板で深いやけど 子どもを歩かせないで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 気象庁の予報によると、今年の5月は気温が高くなりそうです。春から夏に向かうこの季節は、屋外でやけどする危険性も高まります。私のクリニックで診た屋外でのやけどの例などを紹介しましょう。

1歳女児の足に凸凹模様が…暑い日の鉄板で深いやけど 子どもを歩かせないで

イラスト:高橋まや

体重がかかって押し付けられると…

事例1: 1歳2か月女児。2004年8月16日、横浜港の船舶の見学に行き、鉄板によじ登った。帰宅後、 下腿(かたい) に鉄板の凸凹模様のやけど(1度)があるのに気づいた。写真は受傷1日後。

1歳女児の足に凸凹模様が…暑い日の鉄板で深いやけど 子どもを歩かせないで

事例2 1歳1か月女児。12年7月31日午前11時30分頃、マンションの屋外にある立体駐車場の鉄製の床面に両手をついて、両手のひらに2度のやけどを負った。当日の天気は快晴で、気温は32.7℃。それまでの10日間は雨が降らず、最高気温が30度を超える真夏日が約1週間続いていた。

事例3 1歳1か月女児。13年8月15日午前11時。実家の庭先でビニールプールを膨らませて遊んでいた。庭には、雨どいから続く排水管があり、金属製の蓋で覆われていた。子どもが、その蓋をはだしで踏んで2度のやけどを負った。

事例4 1歳2か月女児。18年6月、午前11時40分。2階にある防水塗装されたベランダのコンクリート部分に歩いて出ていき、両足底に2度のやけどを負った。

 子どもの皮膚は薄いため、深いやけどになりやすいのです。前に挙げた4例とも、1歳になったばかりの子どもでした。歩き始めの頃はバランスをうまくとることができないため転びやすく、転んだ後もすぐに立ち上がることができません。転倒すると手のひらなどで体を支えることになり、そこに体重がかかって強く押し付けられ、接触している時間が長くなり、やけどが進行してしまいます。また、乳幼児は、熱いものに触った時、それを回避する反射が鈍いため、触れている時間が長くなります。

暑い日の滑り台に注意!

事例5: 2歳10か月女児。04年5月31日の朝、父親の原付きバイクの近くで遊んでいた。昼過ぎに下腿のやけど(1度)に気づいた。子どもが立つと、やけどの部分はバイクのマフラーの位置に一致していた。写真は受傷6時間後。

1歳女児の足に凸凹模様が…暑い日の鉄板で深いやけど 子どもを歩かせないで

 東京都が実施したアンケート調査によると、子どもがバイクや車のマフラーに触れてやけどをした、または、やけどしそうになった経験があるという回答が35件ありました。


事例6: 5歳女児。駐車してあったバイクのマフラーにふくらはぎが当たってやけどをした。

事例7: 5歳男児。ボール遊びをしていた際に、車の下に入ったボールを取ろうとしてマフラーに触れ、やけどをした。

 暑い日の公園では、滑り台、鉄棒、ジャングルジムなどの遊具が日光で熱せられ、高温になっています。チャイルドシートのハーネスをはめ込む金具も熱せられ、それに触れてやけどをすることもあります。河原でバーベキューをしていて、子どもが鉄板に手をついてやけどをするケースもあります。

事例8: 1歳女児。日差しで滑り台が熱くなっていて、おしりをやけどした。

事例9: 5歳女児。8月の公園で、ジャングルジムに触れたところ、熱かったようですぐに手を引っ込めた。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro_prof

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。産業技術総合研究所人工知能研究センター外来研究員、キッズデザイン賞副審査委員長、内閣府教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事