文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

年々縮む身長 検査必要か

 年々身長が縮んでいることが気がかりです。ここ3、4年で3センチほど低くなりました。不安になり調べたところ、原因の一つに「骨粗しょう症」が挙がっていました。検査を受けた方がよいですか。(60歳男性)

骨粗しょう症か 原因調査を

伊木 雅之 近畿大医学部公衆衛生学客員教授(大阪府大阪狭山市)

 身長低下には、加齢により、背骨の椎間板が 萎縮いしゅく したり、筋力が低下して猫背になったりするなど、様々な原因があります。骨粗しょう症もその一つです。

 骨粗しょう症とは、骨密度が減ったり、骨の材質が悪化したりして骨折しやすくなる病気です。背骨が上下に潰れ、圧迫骨折の状態になると、身長が縮みます。痛みが少なく、患者の3人に2人は骨折に気づきません。そのため「いつの間にか骨折」ともいわれます。

 質問者の年齢と縮んだサイズを考えると、加齢以外の原因がある可能性があります。かかりつけ医に相談し、骨粗しょう症など原因を調べるため、検査を受けることを勧めます。

 検査は、腰椎と 大腿だいたい 骨近位部(太ももの付け根)の骨密度を測定する「DXA法」と、脊椎のX線撮影を行います。

 治療は、飲み薬で骨の破壊を抑えたり、骨の形成を助けたりすることが基本です。重症の場合、注射薬もあります。

 生活習慣の改善も重要です。転倒予防のため、家の中の段差をできるだけなくし、必要な場所に滑り止めや手すりを付けましょう。

 ウォーキングやスクワットなどで筋力を強化し、食生活ではカルシウムとビタミンDやK、たんぱく質をバランスよく取りましょう。禁煙し、過度な飲酒は避けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。