文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

インフルエンザにかかって、嗅覚と味覚が利かない

 5年前にインフルエンザに 罹患りかん して以降、嗅覚と味覚が利かなくなりました。鍋が焦げても気づかず、食事は甘みや辛みなどはわかっても素材の味がわかりません。漢方薬を処方してもらい、リハビリをしても回復の兆しがありません。(64歳女性)

リハビリで残された感覚保つ

三輪  高喜(たかき)  金沢医科大耳鼻咽喉科学主任教授(石川県内灘町)

 嗅覚障害の原因で最も多いのは慢性副 鼻腔びくう 炎(蓄のう症)で、次に多いのが、かぜのウイルスなどで神経が炎症を起こす感冒後嗅覚障害です。今回の事例も、後者と思われます。感冒後嗅覚障害の患者数は女性が男性の3~4倍とされ、特に中高年の女性に多いと報告されています。

 感冒後嗅覚障害の治療は、 当帰芍薬散とうきしゃくやくさん などの漢方薬の服用や、嗅覚トレーニングというリハビリが中心です。発症から5年も経過すると、症状が固定して治りにくい可能性も考えられますが、少しでも嗅覚が残っている場合は、残された感覚を保つためにリハビリを続けることが大切です。

 一方、味覚障害は、亜鉛欠乏、薬物性、口腔疾患、心因性など原因が一つでないこともあります。ただ、嗅覚と味覚の障害が同時に起きることは少なく、質問者は嗅覚の低下にともなう風味障害の状態と推測されます。甘い、辛いなどの味はわかるのにおいしくない、何を食べても同じに感じるという場合は、風味障害の可能性が高いです。

 食事のおいしさを感じる要素は匂いだけではありません。見た目や温度、食感など他の要素を取り入れて、少しでもおいしさを引き立てる調理の工夫が必要です。家族や仲間と楽しく食べることも、おいしさを醸し出す一つの手段です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。