文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

冷凍ハンバーグのスープ煮…調理済み食品の使用をおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 「高齢になると、肉料理の摂取頻度が少なくなる」と聞いて、みなさんはどんな理由を考えますか?

 脂っこいものが苦手になるから、魚の方があっさりしていて食べやすいから…などが思い浮かぶでしょうか。もちろんそれも間違いではありません。

 実際に、栄養相談の場面で、高齢の方の食事内容の聞き取りをしていると、肉料理を食べる頻度が少ない方に出会うことがあります。その理由を聞くと「肉は嫌いじゃないけど、硬くて食べにくい」「一人暮らしだから、肉は1パック買っても残ってしまう」「肉を調理するのがおっくう」など、味覚や 嗜好(しこう) というより、生活状況が原因で避けている内容が多いのです。そして多くの場合に「肉=生鮮肉」と考えていることも肉料理を避ける一因となっているようです。

 そのような場合には、今回使用した冷凍ハンバーグのような調理済みの食品を使うことをおすすめしています。その理由はコンビニやスーパーでも購入でき、買ってきてすぐに使わなくてもいいこと、使用量を簡単に増減できること、比較的軟らかいものが多いことがあります。

 今回のレシピでは、より簡単にできるよう、冷凍のカット野菜とカップスープのもとを使用していますが、おうちにある残り物の野菜や、調味料で作ってもよいですね。ハンバーグは食べる人の機能に応じて半分や1/4に切りましょう。

 手軽に肉を食べられるよう、冷凍食品を使用してみてはいかがでしょうか。

[作り方]

(1) 小鍋に水を入れて火にかける。沸騰したら冷凍野菜とミニハンバーグを入れて蓋をし、弱い沸騰が続く火加減で5~7分程度煮る(野菜とハンバーグの軟らかさはお好みで加減する)。

(2) 一度火を止めてカップスープのもとを加えて混ぜ、再度火にかけて2~3分煮る。

(3) 器に盛り付けてできあがり。

※かむ、のみ込む機能には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事