文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

妊婦は歯科へ行ってもいい?…妊娠中期の受診が安心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
妊婦は歯科へ行ってもいい?…妊娠中期の受診が安心

   妊娠してから、歯磨きすると歯茎から血が出るの。

  ヨミドック  歯肉炎かもしれません。歯肉炎は歯周病の初期状態です。妊娠中の重度の歯周病は、早産につながるという海外の報告もあります。歯周病で産出されたプロスタグランジンという物質が、弱った歯肉の血管から体内に入り、子宮の収縮を起こすためと考えられています。

   妊娠中は、口の中もいつもと違うのかな。

   歯周病の原因菌に、女性ホルモンを栄養源とするものがあります。妊娠中は女性ホルモンが増え、この原因菌が活発になるので、歯周病になりやすいのです。

 また、つわりで歯磨きが気持ち悪くなったり、小分けに食べることで食事回数が増えたりして、口のケアが十分にできなくなることも、口内環境に悪影響を及ぼします。

   確かに歯磨きをするのがつらい。

   ブラシ部分が小さい歯ブラシに替えたり、洗口液を使ったりするのがおすすめです。難しい場合は、食後すぐに水でぶくぶくとうがいだけでもしてください。

妊婦は歯科へ行ってもいい?…妊娠中期の受診が安心

   いつなら歯科を受診してもいいの?

   初期は体調が不安定で、後期だと、大きなおなかで診療台に乗るのはつらいと思います。妊娠中期の受診が安心です。

 口内がネバネバしたり、歯磨き中に血が出たりする場合は、早めに受診しましょう。 歯垢しこう や歯石を取り除くだけでも炎症を抑えられます。

   エックス線撮影をしても大丈夫?

   むし歯やあごの骨の状態を確認するために撮影することがありますが、放射線量は極めて少なく、口に照射するので赤ちゃんへの影響はほぼないと言えます。防護エプロンを着ると、さらに 被曝ひばく 量を減らせます。

   そうなんだ。

   妊婦の歯科健診を無料で実施している自治体もあります。歯科の予約時には妊娠中であることを伝え、受診できるか確認しましょう。

 生まれた時には、赤ちゃんの口内にむし歯菌はいません。親の口にむし歯菌が多いと、唾液を通じて赤ちゃんに伝わります。子どものためにも、口のトラブルは早めに解決しておきたいですね。

 (安藤奈々/取材協力=代田あづさ・日本歯科大病院マタニティ歯科外来長、大川玲奈・大阪大小児歯科学准教授)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事