文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

森永康平「患者と医師のコミュ力を育てる」

 自分の症状を医師にうまく伝えられない、医師の言っていることがわからない……といった経験はありませんか? 意思の疎通がうまくできないことで、深刻な結果を招くことだってあり得ます。患者と医師が良好なコミュニケーションを保つには、どんなことを意識すればいいのか。医師教育を研究する、とちの葉クリニック(宇都宮市)院長の森永康平さんがアドバイスします。

医療・健康・介護のコラム

「自分の臭いが気になるんです」と訴える10代男性…事実と解釈を見分ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

新しいクラスメートが顔をしかめたから…

 男性が語った内容はこうでした。「学校の進級に伴うクラス変更後、新しい同級生と廊下ですれ違ったとき、相手が顔をしかめていました。あの顔のしかめ方は、自分の体が臭かったからに違いありません」。同級生が表情を変えたのは事実だとしても、それが「体臭のせい」というのは、彼の解釈だったのです。それがモヤモヤと大きくなり、今回の受診に至ったのです。

 もちろん、本当に体臭に問題がある可能性はゼロではありませんが、本人の自覚的にも、15分程度同じ部屋にいたわれわれの他覚的にも、その可能性はそれほど高くないと思われました。以上のことを患者さんに説明していくと、(本当に冗談のようですが)ある瞬間に彼の顔はパッと明るくなり、その後は診察も検査も不要となって、ニコニコしながら帰っていったのでした。

 この患者さんを診察した経験は、私に非常に大きなメッセージを残してくれました。仮に「体臭がある」という訴えを医学的な(解決すべき)問題点として、「事実」と決めつけ、詳しく話を聞かずに検査をどんどん進めてしまっていたら、どうなっていたでしょう。むだな時間を費やし、遠回りをしてしまうだけでなく、患者さんには、金額的な負担はもちろん、針で刺して血を採ったり、レントゲンやCT(コンピューター断層撮影)で 被曝(ひばく) させてしまったりと、身体的な負担をも強いていたかもしれません。

 行動を起こす前に、おおもとの問題が「事実」なのか「解釈(推測)」なのかを慎重に吟味することは、正しい方向に進めていくためには欠かせない行程です。また何か物事を進めていって、途中で行き詰まった時、どこに向かえばいいか途方にくれた時などには、思い切ってスタート地点に戻り、素直に見つめ直す。この重要性は、医療に限らないことかもしれませんね。(森永康平 とちの葉クリニック院長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

morinaga-kohei_prof

森永 康平(もりなが・こうへい)

 2011年、筑波大学医学専門学群医学類卒。組合立諏訪中央病院を経て、16年、獨協医科大学総合診療科助教。22年からは、「MED AGREE CLINIC うつのみや」(宇都宮市)の院長を務める。「医学教育を観察と対話から」を合言葉に、アート作品を活用した教育事業「 ミルキク 」を起業。

感想・ご意見・体験談はこちらへ

※外部サイトに移動します

森永康平「患者と医師のコミュ力を育てる」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事