文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

森永康平「患者と医師のコミュ力を育てる」

医療・健康・介護のコラム

「自分の臭いが気になるんです」と訴える10代男性…事実と解釈を見分ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 とある研究によると、9割の病気が診察室の中で診断できるということです。つまり、診察室で会って話す問診と診察だけで(一切検査もせずに)です。今回は、さらに体の診察もなしに、文字通り対話だけで解決した患者さんをご紹介しましょう(プライバシーに配慮し個人情報は変更しています)。

生活習慣、仕事、飲んでいる薬を確認

「自分の臭いが気になるんです」と訴える10代男性…事実と解釈を見分ける

 10代の男子学生さんが、「自分の体臭が気になる」と言って外来を受診しました。問診票を見る限りでは、これまでに大きな病気をしたり、薬を飲んでいたり、ということはなさそうです。「体臭」。これは、内科の外来で診る頻度が高い症状ではありませんが、これこそ腕の見せどころだろうと、診察を開始するまでのわずかな時間でパソコンを開き、情報を探ってみます。

 「体臭=Bromhidrosis」というワードで診療のデータベースをあたってみると、メカニズムや様々な病気の候補がリストアップされています。「問題になる体臭は大部分が汗腺に関連あり、そこから汗腺の種類により2タイプに分類される」「アポクリン腺は 腋窩(えきか) (わき)、肛門や性器周辺、または乳房近くに分布している」「エクリン腺が由来の場合は限局することも全身から臭いが出ることもある」――と説明されています。さらに、エクリン腺由来の臭いには、ダイエットや食べ物(ニンニク、タマネギ、カレー、アルコール)、薬、代謝の病気、全身の病気(肝不全または腎不全、痛風等)など様々な原因や増悪因子があるようです。非常にまれですが、TVでも取り上げられた魚臭症(トリメチルアミン症)は食べ物を摂取、消化するときに発生するトリメチルアミンという物質が分解されず、息、汗、尿に排出され、文字通り体から”魚の臭い”がする病気です。

 10分程度の短い時間の準備であっても、このあと患者さんに具体的に何を聞くかを意識することができれば、右往左往するということもなくなります。調べた成果を反映させて、生活(特に食事)習慣、仕事の内容、飲んでいる薬を確認して……。うん、何とかなりそうです。

「その臭いは今、感じますか?」

 「〇〇さん、どうぞ~」

 男性が入ってきました。シャイなのか、少し顔はうつむき加減。それでも、こちらを見て、しっかり「よろしくおねがいします」と声をかけてくれます。椅子にかけていただき、こちらも自己紹介を行い、診察を始めます。

 「どうされましたか?」

 「学校のクラスが変わった後くらいから、自分の体のニオイが気になってしまって」

 ツラツラと言葉が出てきます。 第1回のコラム でお話ししたような「突然」の発症ではないようで、ひと安心です。ですが、話を聞いていくと、どこか他人事のようなフワフワした印象に違和感を覚えます。そこで思いきって聞いてみました。

 「その臭いは今、感じますか? どのような臭いですか?」

 私は診察中、まったく臭いを感じなかったからです。一緒に診察室にいた研修医、看護師も、アイコンタクトで同じ感想であることを伝えてきていました。患者さんの回答は、予想通り、「自分も臭いを感じていない」でした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

morinaga-kohei_prof

森永 康平(もりなが・こうへい)

 2011年、筑波大学医学専門学群医学類卒。組合立諏訪中央病院を経て、16年、獨協医科大学総合診療科助教。21年からは、とちの葉クリニック(宇都宮市)の院長を務める。「医学教育を観察と対話から」を合言葉に、アート作品を活用した教育事業「 ミルキク 」を起業。

感想・ご意見・体験談はこちらへ

※外部サイトに移動します

森永康平「患者と医師のコミュ力を育てる」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事