文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

妊娠・育児・性の悩み

6か月女児が電源コードをくわえて…感電によるやけど 内臓損傷や致命傷に至ることも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 電流が人体を通り抜ける「感電」によってやけどをすることがあります。それを「電撃傷」といいます。皮膚のやけどだけでなく、内臓の損傷、不整脈、時には心臓の動きに影響をおよぼし、致命傷となることもあります。

6か月女児が電源コードをくわえて…感電によるやけど 内臓損傷や致命傷に至ることも

イラスト:高橋まや

目立つ「コードを口にくわえる」事故

事例1 6か月女児。2015年6月29日午前8時頃、3歳と5歳の姉と自宅の居間にいた。母親は隣室にいた。1メートルの高さの棚の上にヘアアイロンの本体が置かれ、電源コードは床にあった延長コードに接続されていた。家族が目を離したすきに、女児が電源コードを引っ張り、ヘアアイロンが床に落下した。その衝撃で、本体と電源コードの接続部が破損し、コネクター部分が露出する状態となった。その部位を、女児が口にくわえているところを、5歳の姉が目撃。両親が口の中の病変に気づいて救急外来を受診した。右の頬粘膜、右 (じょう)(がく) 部、舌の右外側部に白色の潰瘍病変を認め、 口腔(こうくう) 内電撃傷と診断され入院した。入院医療費は約34万円であった。

事例2 4か月男児。急に泣き声が聞こえ、母が駆け付けると、電気こたつのコードをなめた跡があった。母が触るとビリッとし、よく見ると銅線が露出している部分があった。すぐに泣きやんだが、受診。

 電気コンセントにつながった状態の電源コードや延長コードを乳幼児が口にくわえ、口や口唇にやけどを負うケースが多くみられます。ひどいやけどを負うと、口腔機能や美容上の問題となることがあります。事例1では、製品に問題があり、ある程度の衝撃が加わっても外れない構造にする必要があります。

2本の鍵をコンセントに差し込み

事例3 5歳2か月、女児。2016年3月24日午後1時頃、母親と祖母と美容室に行き、女児は一人で遊んでいた。美容室のロッカーの鍵は顧客が管理するようにしていたが、女児は2人分の鍵を両手に持ち、鏡に備え付けてある家庭用100Vコンセントの両端子にほぼ同時に差し込んだと思われる。すぐに医療機関を受診。両側の手の指に1~2度の熱傷、および黒色変化があり、右手のひらに直径10ミリの電流斑(電流の出入り口の皮膚に見られる黒褐色の潰瘍)を認めた。その後、電流斑は20ミリまで広がった。鍵に付属していたプラスチックのタグは焼き切れていた。コンセントは床から70センチの高さにあった。

事例4: 4歳児。コンセントにヘアピンを入れ、左手指をやけどした。

事例5: 4歳児。電源プラグとコンセントの隙間に金属製のおもちゃのネックレスを巻き付けて遊んでいた。手と顔の皮膚の一部がただれるやけどを負った。

 コンセントの穴に金物類を入れた場合にも感電は起こります。電源プラグがしっかり奥まで入っていなかったり、コードが引っ張られたりして、コンセントと電源プラグのあいだに隙間が生じると、その隙間に金物類を入れて感電する危険があります。金物類には、キーチェーン、硬貨、ヘアピン、装飾用針金モール、クリップ、アルミニウムはく、はさみなどがあります。

 肌がぬれていると、体に電気が通りやすくなるため、唾液や汗でぬれた子どもの手でコンセントやプラグに触るのも危険です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro_prof

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。産業技術総合研究所人工知能研究センター外来研究員、キッズデザイン賞副審査委員長、内閣府教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事