文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

イカサラダ…ボイルしてあるイカで時短

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、野菜をおいしく味わうサラダレシピ「イカサラダ」のご紹介です。

 ボイルしてあるイカを選ぶことで、いためる時間を短縮でき、衣がきつね色になればOKというように時短につながります。

 また、野菜をボイルすることで、軟らかくなり、食べやすさがアップします。野菜をゆで終わったあとのお湯には、栄養素やうま味が流れ出ているので、そのままみそ汁やスープにするといいですね。

 食材にも注目してみましょう。まず、イカには、タウリンが含まれています。タウリンは肝機能を高め、血液の健康にも役立ちます。さらにナイアシンが含まれており、これは、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関わる欠かせない補酵素です。皮膚や粘膜の保護など、体を助けてくれる作用もあります。

 メインとなる野菜はキャベツです。キャベツには、胃酸の分泌を抑え、粘膜の修復を助けるといわれているビタミンUが含まれています。

 彩りとしてミニトマトを入れましょう。ミニトマトにはリコピンが含まれています。すぐれた抗酸化作用をもち、体をさび付かせない力になります。

 うま味たっぷりのイカが、ゆで野菜にばっちり合います。おいしいイカサラダで、健康的で楽しい食事にしましょう。

[作り方]

(1) キャベツは短冊切り、キュウリは縦半分にしてから斜めスライス、タマネギとパプリカはスライス、ニンジンは千切りにする。

(2) (1)を1分ほどさっとゆでて、水冷し、水気を切ってお皿に盛り付ける。ポン酢をかけておく。

(3) ボイルイカにしょうゆと和風だしをかけて下味をつけ、薄力粉で衣付けをする。フライパンを強火で加熱、いため油を入れてイカをいためていく。両面を2分ずつくらいいため、衣がきつね色になったら、サラダの上にのせて完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsumaru-susumu_prof

松丸奨(まつまる すすむ)

 管理栄養士 栄養教諭 フードコーディネーター

 1983年千葉県生まれ。専門学校卒業後、栄養士として千葉県内の市立病院に勤務。2009年より小学校で勤務。給食の献立作成や調理指導、食育の授業などを行っている。2013年には、実際に提供されている給食のおいしさなどを競う「全国学校給食甲子園」(第8回・応募総数2266校)で優勝。ドラマでの給食の監修・調理指導など担当。テレビなどのメディア出演も多数。塩分が控えめで、だしや味付け、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、「日本一の給食メシ 栄養満点3ステップ簡単レシピ100」(光文社)「ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本」(サンマーク出版)「日本一の給食レシピ 子どもがすくすく育つ」(講談社)

Instagram:https://www.instagram.com/matsumaru.susumu/
ブログ:小学校栄養士 松丸 奨のブログ

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事