文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

魚のバジルみそ…古代ギリシャでは王様の薬草

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、「魚のバジルみそ」のご紹介です。

 おいしくて驚くこの味わい。魚のうま味と鼻を抜けるバジルの香り。魚が苦手な子どもたちからも「おいしい!」と絶大な支持を得ています。

 さて、そんなバジルは、古代ギリシャでは王様の薬草と呼ばれ、古くからその効能が知られていました。爽やかで甘味を感じる香りは、サラダやパスタなどのイタリア料理には欠かせないハーブです。カロテンやビタミンEのほか、カルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラルが豊富。香り成分には鎮静作用、食欲増進、抗菌作用があり、集中力の向上に役立つと言われています。

 隠し味で使っているのがレモンの皮です。レモン汁では香りが飛んでしまうので、皮を使用しています。レモンの皮はむきすぎると苦みが出るので、薄くむくのがポイントです。千切りにして魚にまぶせば、バジルとレモンの香りが混ざり合い、最高に良い匂いが漂ってきます。魚焼きグリルやフライパンだと魚に火が通る前に、周りが焦げてしまうので、ここはオーブンを使って焼くことでうまくいきますよ。ぜひ食べてもらいたいオススメのレシピです。香りを楽しみましょう。今回はサケを使ってみました。タラ、サバなどでもおいしいです。

[作り方]

(1) レモンの皮を薄くむいて、千切りにする。バジルも千切りにする。

(2) ボウルに調味料を全部入れ、(1)と混ぜ合わせておく。

(3) サケに(2)の調味液を塗り込み、15分ほど寝かせる。

(4) 鉄板にクッキングシートを敷いて、サケを並べる。オーブンの予熱180度で15分ほど焼けば完成(みそや塩こうじが焦げやすいので、オーブンで焼くことをオススメします)。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立柳町小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事