文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

焼き鳥丼…大量調理の給食で、味付けはしっかりと焼き鳥のタレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、ご飯がすすむ絶品料理「焼き鳥丼」のご紹介です。大量調理の給食なので串には刺していませんが、味付けはしっかりと焼き鳥のタレになっているので、子供たちにも大人気のレシピです。

 うま味のポイントは、食材をいためた後に調味料で少し煮ることです。甘辛の調味料に、鶏肉のうま味、ネギの風味、タマネギの甘味が入ることで、このタレは完成します。

 そして大切なのが名脇役の大葉です。この添えている大葉が、最高においしいのです。焼き鳥の甘辛タレに大葉の爽やかな味わいが合います。

 そんな大葉は、中国原産の一年草で、日本では平安時代から栽培されていたと言われています。緑の大葉は青じそとも呼び、赤しその変種なのです。青じそはビタミン類、ミネラル類が多く、特にカロテンとカルシウムは野菜の中で群を抜いています。香り成分には防腐作用や抗酸化作用も含まれています。春夏は大葉で楽しみ、秋冬になればユズの皮を添えてもおいしいですよ。食欲がないときでも食べやすい料理です。ぜひ作ってみてください。

[作り方]

(1) 鶏肉に塩、コショウで下味をつける。タマネギは厚めのスライス、長ネギは斜め切り、あるいはぶつ切りにする。

(2) フライパンを強火で加熱、いため油を入れてから、鶏肉を皮目から入れていき、3分加熱する。鶏肉をひっくり返し、上からタマネギと長ネギを入れて、フタをして3分焼く。菜箸を使って混ぜながら、全体に火が通るように1~2分いためる。

(3) 火が通ったら、(A)の調味料を入れる。1分ほどいため混ぜしてなじませたら、水溶き片栗粉でとろみをつけてご飯にのせて完成。仕上げに大葉を添えていただきます。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立柳町小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事