文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

メニエール病 服薬で治まらず

 3年前、強いめまいと吐き気に襲われ、メニエール病と診断されました。発作が起きた時は1日3回抗めまい薬を飲んでいますが、症状が治まらないことがあります。主治医から治らない病気といわれ、不安です。(79歳女性)

リンパ液排出 方法広がる

将積しょうじゃく 日出夫 富山大学耳鼻咽喉科 頭頸とうけい 部外科教授(富山市)

 メニエール病は、難聴、耳鳴り、耳詰まり感を伴う、激しいめまいの発作を繰り返す病気です。吐き気も症状の一つです。

 内耳にリンパ液がたまり、水ぶくれになることで起こります。精神的なストレスや過労、睡眠不足が悪化の原因といわれています。

 治療はまず、十分な睡眠や有酸素運動など、生活習慣の改善から始めます。抗めまい薬や利尿剤を使う場合もあります。服薬でも発作を繰り返す場合は、手術でたまったリンパ液を排出する治療もあります。

 また、近年、「中耳加圧療法」という新しい治療が公的医療保険の適用になりました。特殊な医療機器を使い、イヤホンから出る空気が中耳に振動を与えることで、その刺激が内耳にも伝わり、たまったリンパ液を押し出す方法です。1日2回、3分間機器を使い、通常は1年間続けます。自宅や職場で行えます。

 治療は根気強く続ける必要がありますが、選択肢は広がっています。めまいを起こさなくなったり、服薬が不要になったりする人もいます。自分に合ったストレス解消法を探すことも大切です。

 まずは、薬では症状がなかなか治まらない現状を主治医に伝えましょう。他にできる治療法はないか、相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。