文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

オリックス・バファローズ選手 安達了一さん

 メディアなどでお馴染みの芸能人、有名人だって、一人の人間として病気や心身の不調と向き合っています。苦しかった経験や、病によって気付かされたことなど、率直な思いをお聞きします。

一病息災

[オリックス・バファローズ選手 安達了一さん]潰瘍性大腸炎(3)守備中に体に力が入らなくなり交代…体調管理を徹底

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

*オリックス・バファローズ提供

 何ともない日もあれば、朝から下痢に悩まされる日もある。国指定の難病「潰瘍性大腸炎」はそういう病気だ。

 診断から6年たった今、炎症を抑える薬を1日3回飲むが、「体調はその日次第です」という。ストレスをためないことを心がけるが、勝負の世界にいれば、そうもいかない。打撃不振になれば、自然と腹が立つ。

 試合に出たいと思って、無理をしたこともあった。2017年シーズンは、開幕から出場を続けてきたが、5月に体調を崩した。食事がとれず、体の力も入らなくなり、出場選手登録を抹消された。

 自宅で静養中、試合をテレビ観戦して、思わず声をあげた。チームメートたちが自身の背番号「3」の入った赤いリストバンドを身に着けている。同い年で仲がよいT―岡田選手のアイデアだと知り、無料通信アプリ「 LINEライン 」で「ありがとう」と感謝のメッセージを送った。

 一度復帰したものの、8月にも守備中に、体に力が入らなくなり、途中交代した。9月末に再入院、点滴などの治療で回復したが、オフは外食を控え、体調の管理を徹底した。

 18年2月、宮崎キャンプ中、知人のつてを頼ってやってきた、同じ病気を患う小学生を励ました。国内の患者は22万人と推計されるが、幼少期の発症も珍しくない。プレーで同じ病気と闘う子どもたちを喜ばせたいという思いが強まった。

プロ野球 オリックス・バファローズ選手 ()(だち)了一(りょういち)さん(34)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

オリックス・バファローズ選手 安達了一さん

最新記事