文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

傷ついた腸管の再生助ける幹細胞発見、大腸がん治療へ応用も…九州大チーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 傷ついた腸管の再生を助ける幹細胞を新たに発見したと、九州大生体防御医学研究所の中山敬一主幹教授らの研究チームが21日、発表した。大腸がんの新たな治療法開発などへの応用が期待されるとしている。英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。

 発表によると、腸管は高度な再生力を持つため、臓器の維持・再生の仕組みを研究する上で注目されてきた。ただ、再生を担う細胞の実体やメカニズムは不明だったという。

 研究チームはマウスを使った実験により、病気や投薬などで腸管の幹細胞が傷ついた際、特定の遺伝子を含む別の細胞が幹細胞に変化することを確認した。この幹細胞が腸管の再生に重要な役割を果たすことが分かったという。中山主幹教授は「胃など他の臓器の細胞の変化も今後、明らかにしていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事