文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

小学給食「五目納豆」に長さ5・5cm「針金状」異物、配膳の際に児童発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 岐阜県飛騨市立古川西小学校で出された給食に、針金状の異物が混入していたことが分かった。給食を提供した古川国府給食センター利用組合(高山市)が発表した。

小学給食「五目納豆」に長さ5・5cm「針金状」異物、配膳の際に児童発見

 組合によると、同小で17日に出された給食で、「五目納豆」に長さ5・5センチ、太さ0・5ミリの異物が混入しているのを、配膳の際に児童が見つけた。組合はこの日、飛騨市や高山市の小中学校など計7か所に計1877食分の給食を提供したが、他の6か所では異常は確認されなかったという。

 同組合は「保健所の協力で原因を調べている。これまで以上に確認作業を行い、安心安全な提供に努める」としている。18日の給食は予定通り提供した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事