文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

武井明「思春期外来の窓から」

医療・健康・介護のコラム

偶然、父の浮気を知った高1女子 どうすれば…子どもの「今を生き延びる選択」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 お父さんやお母さんの浮気を知った子どもたちは、どんな反応を示すのでしょうか。今回は、お父さんの浮気を知った女子高生を紹介したいと思います。

忘れ物が多く、部屋の片づけもできない

偶然、父の浮気を知った高1女子 どうすれば…子どもの「今を生き延びる選択」

 佳奈さん(仮名)は、注意欠如多動症(ADHD)で通院していた女子高生です。

 会社員で長年、単身赴任中のお父さん、パート勤めのお母さん、小学3年生の弟との4人家族です。お父さんは数か月に1度、家に戻ってくるだけです。

 佳奈さんは、小学校入学後から忘れ物が目立つようになりました。学校からのプリントを出すのを忘れるので、そのたびにお母さんに叱られていました。

 中学校でも忘れ物が続き、部屋の片づけもできないということで、お母さんに付き添われ、思春期外来を受診しました。

 佳奈さんはおしゃべりが得意で、初診時は、質問されていないことも話してきました。

 お母さんは、

 「忘れ物が多くて困ります。部屋の片づけも苦手です。おやつを食べた後の空き袋を床に散らかしたままなんです」

 と述べていました。

 ADHDの治療薬であるアトモキセチンを飲むことになりました。通院は2週間に1度の割合です。

 薬を飲み始めて3か月後から、忘れ物が少し減りました。3年生になってからは、以前よりも授業に集中できるようになり、成績も少し上がりました。しかし、片づけは一向にできないままでした。

父の入浴中に携帯電話を見てしまい

 第1志望の高校に無事入学できた佳奈さんは、野球部のマネジャーを務めるようになりました。社交的なので、すぐに部員とも打ち解けることができました。高校はロッカーに教科書を置いておくので、忘れ物はないということでした。

 1年の秋に学校祭があり、野球部で模擬店を出すことになりました。その準備で忙しい時に、単身赴任のお父さんが、久しぶりに家に帰ってきました。この時、佳奈さんは、お父さんの入浴中に、何気なく携帯電話を見てしまいました。

 この後の診察で、佳奈さんは、

 「お父さんが、見知らぬ女性とメールのやり取りをしていることを発見したんです。『好きだよ』『愛している』『今度いつ会えるの』などと書かれていました。お父さんが浮気していると思って、すごくショックです。でも、お母さんには、かわいそうで言えません」

 と泣き出しました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takei-akira_prof

武井 明(たけい・あきら)

 1960年、北海道倶知安町生まれ。旭川医科大学大学院修了。精神科医。市立旭川病院精神神経科診療部長。思春期外来を長年にわたって担当。2009年、日本箱庭療法学会河合隼雄賞受賞。著書に「子どもたちのビミョーな本音」「ビミョーな子どもたち 精神科思春期外来」(いずれも日本評論社)など。

武井明「思春期外来の窓から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事