文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

医療・健康・介護のコラム

ホットカーペットに赤ちゃんを放置しないで…重症化しやすい「低温やけど」 皮膚が壊死して再生不能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 これまで、熱湯など高温のものに触れたやけどについてお話ししてきましたが、今回は、比較的低温(約40~50℃)で生じるやけどについてお話しします。本人も気づかないうちに重症化しやすく、多くの場合、皮膚が 壊死(えし) し、再生できなくなります。

ホットカーペットに赤ちゃんを放置しないで…重症化しやすい「低温やけど」 皮膚が壊死して再生不能に

イラスト:高橋まや

肌着がめくれ、おなかが直接カーペットに

事例: 5か月26日の女児。2004年2月27日午前10時、自宅のリビングで、女児をホットカーペットの上に寝かせた。同10時半過ぎに抱き上げると、おなかが赤くなっていることに気づき、同11時20分に来院した。腹部に発赤があり(写真)、状況から低温やけどと診断し、ステロイド 軟膏(なんこう) を処方した。3日後に電話で確認すると、皮膚は元の状態に戻っていた。

ホットカーペットに赤ちゃんを放置しないで…重症化しやすい「低温やけど」 皮膚が壊死して再生不能に

 母親によると、ホットカーペットのスイッチは切ったつもりだったとのことです。抱き上げた時、肌着がめくれていて、おなかが直接、ホットカーペットに接触していたようです。寝返りが始まったばかりで、あおむけに体位を戻すことができず、腹部が長時間、温められたために、低温やけどになったと思われます。

 短時間の接触ではやけどにならない程度の温度でも、長時間にわたって触れると低温やけどが生じます。皮膚が損傷を受ける温度と時間の目安は、44℃では3~4時間、46℃では30分~1時間、50℃では2~3分となっています。子どもや高齢者は皮膚が薄く、重症化しやすいとされています。

ほとんどが皮下組織に達する3度 皮膚は再生できず

 低温やけどは、足、腰部、 臀部(でんぶ) など下半身に多くみられます。高温の熱源によるやけどでは、触れると熱くて痛いため、反射的に回避します。皮膚が熱源に触れる時間が短いため、損傷するのは表皮だけになります。一方、低温の熱源の場合、触れても痛みを覚えるほどではないため、長い間、熱源に触れたままになります。皮下脂肪も温められることになり、皮下脂肪層のたんぱく質が変性してしまいます。その部分にある動脈が 閉塞(へいそく) し、血流が無くなって皮膚の壊死に至ります。

 低温やけどは自覚症状が表れにくいことが特徴で、本人も気づかないうちに皮膚の奥まで損傷していることが多く、重症化しやすいことも特徴のひとつです。やけどは、損傷の程度によって1度、2度、3度に分けられていますが、低温やけどはほとんどの場合、皮下組織まで到達する3度となります。壊死した皮膚は再生できません。

 低温やけどを起こしやすい製品には、使い捨てカイロ、湯たんぽ、電気あんか、こたつ、電気カーペット、電気毛布、石油・ガスファンヒーターなどがあります。足温器、バスや電車の座席、加温機能付き便座といったものでも起きることがあります。

 予防するには、「直接、皮膚に暖房器具を当てない」「暖房器具が皮膚に当たっている場所を圧迫しない」「同じ場所に長時間、暖房器具を当てない」「熱さを少しでも感じたら、その時点で暖房器具を外すか離れる」「寝ているときには暖房器具を(できれば)使用しない」ことが原則です。

 貼るカイロについて、日本カイロ工業会の注意表示には、「肌に直接触れないように衣服の上に貼って使用する」「眠るときには使用しない」「同じ場所に長時間当てず、1時間に1回程度、肌の状態を確認する」「同時に複数の袋を使用しない」「ベルトやサポーター、椅子などで押し付けて使用しない」「体に押し付けるようにして横にならない」「こたつ、寝具の中や、暖房器具の近くでは使用しない」といったことが挙げられています。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro_prof

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。産業技術総合研究所人工知能研究センター外来研究員、キッズデザイン賞副審査委員長、内閣府教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事