文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

焼き肉風サラダ…野菜を食べやすく、おいしく食べるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、たっぷりの野菜をおいしくいただく料理「焼き肉風サラダ」のご紹介です。

 焼き肉というと牛肉のイメージですが、給食では、予算の都合で多く豚肉が使用されています。そしてお肉を焼いているわけではないのですが、タレを焼き肉風に仕上げているのでこのネーミングです。

 野菜を食べやすくして、おいしく食べるには、うま味の強いたんぱく質の食材と組み合わせることがおすすめです。野菜のさっぱりとした味には、強い味が合うというわけです。お肉は、しゃぶしゃぶ用を使います。薄くて軟らかいので、野菜と一緒に食べやすくなります。

 食材で注目なのが、インゲンです。インゲンには、βカロテンが含まれており、抗酸化作用で体を守ってくれる力があり、目や粘膜の健康にも役立ちます。よくいわれる話ですが、βカロテンは脂溶性なので、豚肉に含まれる脂質と一緒にいためる時の油で火を入れることで、より吸収しやすくなります。

 焼き肉風サラダとして、豚肉とたっぷり野菜とを食べるのはいいことです。たっぷりの野菜をおいしく食べて、健康的な日々を過ごしましょう。

[作り方]

(1) ニンジンとダイコンはせん切り、レタスは短冊切り、カイワレダイコンは根を落とす。インゲンは下ゆでをしてから斜めに切る。よく洗った野菜の水気を切り、レモン汁と食塩をまぶして下味を付けておく。

(2) 鍋に水をはり、強火で加熱。しゃぶしゃぶ用の豚肉を入れて、菜箸でかき混ぜて火を通していく。火が入りすぎると硬くなってしまうので、3分前後で赤みが消えたのを確認したらすぐに引き上げるといい。

(3) (A)の焼き肉タレの材料を合わせて、電子レンジ500Wで30秒加熱、(2)のお肉と合わせ、盛り付けたサラダの上にのせれば完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsumaru-susumu_prof

松丸奨(まつまる すすむ)

 管理栄養士 栄養教諭 フードコーディネーター

 1983年千葉県生まれ。専門学校卒業後、栄養士として千葉県内の市立病院に勤務。2009年より小学校で勤務。給食の献立作成や調理指導、食育の授業などを行っている。2013年には、実際に提供されている給食のおいしさなどを競う「全国学校給食甲子園」(第8回・応募総数2266校)で優勝。ドラマでの給食の監修・調理指導など担当。テレビなどのメディア出演も多数。塩分が控えめで、だしや味付け、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、「日本一の給食メシ 栄養満点3ステップ簡単レシピ100」(光文社)「ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本」(サンマーク出版)「日本一の給食レシピ 子どもがすくすく育つ」(講談社)

Instagram:https://www.instagram.com/matsumaru.susumu/
ブログ:小学校栄養士 松丸 奨のブログ

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事